2010年6月28日月曜日

またまたサッカーネタで済みません

(もっとも、他に書きたくなるネタが無い… とも言えるこの現実のトホホさよ 笑)

昨夜観ていたW杯イングランドvsドイツ戦。イングランド・ランパードのシュートで、GKが弾いたボールはクロスバーに当たり、どう見たってゴールラインを割っていました。にもかかわらず、副審は(画面に映っていなかったので詳細は判りませんが)何も主張せず、主審もそのまま試合を続行。FIFA映像のリプレイでも、何度もそのシーンが放映されたんですが、そのまま試合は続き終了のホイッスル。
結局4-1でドイツが勝利しましたが、後味の悪い試合終了でした。画面に映し出されたイングランドサポーターの呆然と立ち尽くす姿が、全てを物語っている様でした。(-_-;) 直後に切り替わって、ほっぺたにそれぞれの国のマーキングをした美女4人(イングランド2人+ドイツ2人)のショットは、とても仲のイイ感じで試合を楽しんでいる様子でしたが、なんか作為的なものを感じてしまったのは私だけ?(笑)
画像元:毎日jp

アルゼンチンvsメキシコ戦でも、オフサイドの誤判定(?)があったみたいだし、大差が付いて試合終はしたものの、あの1点が認められていたらその後どう展開したか、その辺は何とも言えません。(^_^;)
何年か前、前のドイツ大会の頃だったかと思いますが、電子的な装置でゴール判定をする…という話があって、どこかの試合で試験運用なんて話もあったと思いますが、何か技術的な問題で立ち消えになったんでしょうか。
どっちにしても、人間がさばくサッカーの判定なので、誤審は永遠になくならない課題だと思います。(^_^;)

話は違うけど、開幕前はあの国の犯罪率について色々言われて、実際に韓国のTVクルーが被害に遭ったとかありましたが、大会が始まって以降、ぱったりその辺の情報が流されていません。これも何らかの政治的意志が働いている結果なんでしょうか。


ところで昨日は、ここ松本でもJFL前期最終節の松本山雅vsホンダFC戦がありましたが、こちらは1-0で辛勝しました。
前半後半とも何度か双方惜しい(アブない)シーンがあって、こりゃ0-0で引き分けかな…と思っていた後半42分、CKから今井昌太選手がヘディングで決めて、これが決勝点になりました。
そのあとのロスタイム4分を含む笛までの時間が長かった事…。(^_^;)

これで取りあえず前期は12位で折り返す事に。後期はどのくらい勝ち点を積み上げられるのか、後期緒戦はFC琉球をまたアルウィンへ迎えて、今シーズン初のナイター試合です。昨日は少しの間の日差しにチョイ日焼けしてしまいましたが、今週土曜日のキックオフは午後6時30分です。昨日の3500人あまりよりも、もっと多い観客が来る事を祈っています。(^。^)

0 件のコメント:

コメントを投稿