2010年6月30日水曜日

世界の壁は高かった…

Twitterにも書きましたが昨夜の岡田ジャパン、競って競って競りまくり、延長でも決着付かずのPK戦で惜しくも敗退。
開幕前「ベスト4を目指す」「世界を驚かせてみたい」と言っていた岡田監督の言葉通り、いや、南アへ行って予選リーグを戦う中でチームの中で化学変化(?)が起こって、進化していった選手達が勝ち取った結果だと思います。昨夜の試合の攻防は1.5試合分くらいの見応えがあったし、もしこれで勝ててベスト8へ行ったとして、そこで対戦するのはあのスペインです。
ケチョンケチョンにやられてしまうのは明白なので、ここはひとつ視点を変えて、昨夜のvsパラグアイ戦でその先の2回戦の半分を戦った…と考えれば、納得がいくんではないかと。(^_^;)


岡田さんはもう今期限りで代表監督は引退…みたいな事を言っていました。JFAも、次の4年後を見据えて若年層の強化から始めて、4年後のブラジル大会への切符をゼヒとも手にしてもらいたい。これだけの感動を4年後にもう一度、決してムリな話ではないと思います。

ところで次の代表監督は誰が良いんでしょうねぇ…(^。^)
一部報道では、元浦和監督のブッフバルト氏の名前が挙がっているし、この人ならかなりな所まで行けそうな感じもします。早速、日本代表のアジアカップ予選はvsイランだそうで、「ブッフバルトジャパン」なんて言葉も出てきていますね。(^_^;)

さてチームは4年後を見据えての人選。中澤や中村辺りは引退を考えそうな感じで、遠藤・長谷部・大久保・阿部辺りは中核となって引っ張っていく感じで、若手の長友や本田・森本辺りがチームの先頭に立ち、さらに若いまだオモテに出てきていない選手が加わって、どんなチームが出来上がっていくんでしょうね。(^_^)

0 件のコメント:

コメントを投稿