2010年7月12日月曜日

せんきょ

昨日は投票へ行った人も行かなかった人も、夜の選挙特番を見た事と思います。
私も10時過ぎにチャンネルを合わせてみたんですが、開票速報の内容(獲得議席数)が各局でバラバラなのは笑いました。(^o^;)
これもいわゆる「出口調査」という聞き取りで得た結果と、実際の開票結果を合わせて報道しているんだと思いますが、速く知らせることにどのくらいの価値があるか… という話もあるでしょう。
でもこうした番組のお陰で、自分の地域以外の立候補者がどうなったか… という情報も得る事ができるので、棄てたモンでもないかな、と。(^。^)
(「探偵ナイトスクープ」の秘書-岡部まりは、番組に戻ってくるんでしょうか… 笑)


こうした国政選挙では、議席獲得の結果はそのままこの国の行き先が決まる様な部分はあって、当選者個々の主張や政策がありますが、過去の歴史を見ていると、個々のそういったココロザシは、大きな政党という巨体に飲み込まれて方向性が変わってしまう事になると思います。
この辺が、「国民の品格以上の政治を持つことは出来ない」と言われる議会政党制の一面なんでしょうね。(-_-;)
ワタシは選挙区選挙には「もう一度シッカリやってみて」という事で現職に入れ、比例区では何かやってくれそうな新興勢力(元与党スピンオフ氏)に入れましたが、蟷螂の斧、結局そこは0議席に終わりました。
まぁ、最初ですからそんな感じでしょうね。(^_^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿