2010年8月2日月曜日

市民タイムス杯

7月31-8月3日、ここ松本の地元タブロイド紙「市民タイムス」主催の、ジュニアユースサッカー大会がありました。
会場は31日が松本市営サッカー場で、そこで3チームでの予選リーグを行い、勝敗の結果、息子所属の松本山雅U-15チームは2位となり2日目へ駒を進めました。
チームメイトF君のシュート。
このシュートはGK正面で惜しくも得点にはなりませんでしたが、最終的に2点を上げてこの試合は勝利しました。
が、その次の滋賀セゾンFCは手強く、1失点のまま終了のホイッスルを聞く事になってしまいました。

その日の夕方にはトップチームの松本山雅FCが、この市営のすぐそばのアルウィンでホームゲーム、vsジェフリザーブス戦(JFL後期第5節)があり、当然観戦に。
この日の試合はキャプテン柿本選手の一挙4点+今井選手の1点とで5-1の快勝。
惜しかったのは後半33分の1失点でした。ちょうどアルウィン北側の夜空に、夏祭りの花火の花が咲きはじめた時と同時だったので、肝心の相手のシュートシーンは見られず。(苦笑)
(まぁ多分、何でもないパスで翻弄された結果でしょうけど (^_^;))


ともあれ、トップチームは勝ち点3でJFLの暫定8位に。さらには柿本選手、JFLの得点ランキング5位ということで、次の第6節後の中断期間を挟んで、今後も勝ち点を積み重ねていって貰いたいものです。




振り返って子供たちのU-15は…
翌8月1日、松本市梓川の山沿いにある「梓川ふるさと公園」で、宿敵ASA FUTURO(?勝手に我々が言っているだけ。先方はジュニアユースの北信越リーグに行っている強豪(^_^;))と対戦、0-1で惜しくも敗れました。
もっとも、相手は前日の予選リーグを1位で勝ち上がってきた訳だし、元々歯が立つ相手ではないハズなだけに、よく0-1で抑えたかな…という感じでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿