2010年8月5日木曜日

針ノ木岳

1泊2日で友人M氏と針ノ木岳に登ってきました。[国土地理院地図検索サービス]
計画では1日目、11時前には針ノ木小屋へ着いてその日のうちに蓮華岳往復し、翌日は針ノ木岳へピストンして下山… と目論んでいましたが、昼前から濃いガスに包まれてしまい蓮華岳は断念。
しかし翌朝は、ものすごく遠くまでの360度大パノラマに恵まれて、大満足で下山してきました。(^。^)v
扇沢近辺からの針ノ木岳(正面中央)右はスバリ岳
扇沢を朝6時に出発。登山指導所に計画書を提出して歩き出します。最近はこの計画書も、県警サイトからエクセルファイルをDLしてPC上で記入、プリントアウトして持参…というやり方ができるので便利になりました。
最初のワンピッチ(約25分)は足も身体も慣れていないので息が上がります。まぁそれでも急ぐ山行ではなし、のんびりしかし確実に歩を進めて大沢小屋へ。聞くとこの日は比較的登山者は少ない模様。小屋でのすし詰めはカンベンなので、足取りは軽くなりました。(笑)
大沢小屋にて友人M氏:OLYMPUS PEN DIGITALをいじるの図
小一時間ほどで雪渓尻に到着、涼しい風が吹き降りてきて、軽アイゼンを付けて登り始めるとやや寒いくらい。時々生暖かい風と交互に来るのは白馬大雪渓でも同じ“縞風”ですね。
4本爪の軽アイゼンでは時たま「ズルッ!」と滑ってしまい、余計な筋力を消耗します。万全を期するなら、6本爪くらいの簡易タイプが良いんでしょう。
雪渓途中にて:この頃はまだ充分な晴天でした
雪渓半ばの通称“ノド”の辺りまで来たら、ガスに包まれてしまい視界は10mほどに。こんな時に落石でもあったら、雪渓上では音がしないので、上部への注意はしなければなりません。幸い自分達の行動中には落石はなかったので、ホッとしながら雪渓の上端へ到着。
その頃から断続的にガスが濃くなってきて、峠に着いた頃にはすっかりガスの中。(^_^;)
針ノ木小屋到着:おっ!「ヱビスビールあります」のノボリ発見!(^。^)
荷物を下ろして湯を沸かし、インスタント麺のメシを食いコーヒーでくつろいでいると、色々な人が小屋へやってきます。須坂高校生の一団は、聞くと山岳部だそうで、引率の先生と生徒が4人。生徒はイマドキの感じではあるけれど、ザックにはしっかり氏名の布が貼ってあり、懐かしい山岳部のイメージ。
ただ、夕飯後によく話を聞いたら「もう3名入部してくれたら大会などに出られるのに」という状況とのこと。さらには昨今の“訴訟社会”を反映してか、事故でも起こったら…という事で、引率の先生にもなり手が居ないという事情らしい。(現在も他の学校で2件ほどの訴訟が裁判中とか)そんな状況の中では、大学の山岳部やワンゲル部が衰退して、青年層が登山離れするのも頷けるという訳です。(-_-;)
そんな一方、別の60絡みの老ベテラン氏の話では「かつては山で会う女性はブ○かオバチャンだけだったのが、最近ではスカートを穿いた“山ガール”なんてコがいて、嬉しいよね!」なーんていうオヤジ発言に大きく頷いてみたり(笑)して、蓮華岳を諦めたぶん、楽しく過ごしました。(^_^)
小屋へチェックインして部屋へ荷物を入れ、食堂にてエビス生のジョッキを所望。あまり冷えてはいませんでしたが、生ならではの味に喉をならしたのは言うまでもありません。
夕食後もガスは晴れないまま、夜の9時過ぎには小屋の屋根をパラパラと濡らす雨音を聞きながら、眠りに落ちました。

明け方4時頃に目を覚ますと、外は星空!! これは起きるっきゃない!とM氏を起こし、支度をしてカメラを持って外へ出て針ノ木側へ少し登り、朝日が見通せそうな場所に陣取って日の昇るのを待ちます。
4時50分、位置はドンピシャの大ビンゴ、いいご来光写真が撮れました。
ご来光:右手の斜面は蓮華岳、左手のピークは爺ヶ岳 レンズ内フレアが面白い感じになりました

5時半に食事をして荷物を小屋へデポし、水と軽食+カメラを持って針ノ木岳へ。
50分ほどで山頂に着き、360度の大パノラマを撮ったりして大満足で過ごせました。
高齢のオバサマ登山者グループが山座同定に手間取っていたので、つい「あれが八ヶ岳、富士山を挟んで右が南ア。東へずっと視線を回して見えるのが浅間山。真南方向の槍穂高から、右の方へ野口五郎・水晶・薬師岳・五色ヶ原…」と説明してあげたら、感激して頂けました。(^_^;)ゞ
針ノ木山頂からのパノラマ:南半分と北半分 繋ぎ目のダブりはご愛敬
余談としてそのオバサマの2人組、ご丁寧に「先ほどはありがとうございました」とご挨拶いただいて、西の黒部湖方向へ下っていこうとしました。スバリへの縦走路は北方向なのに… 近くにいた他の人に間違いを指摘され、赤面の素振りでスバリへ下って行かれましたが、こういう感じの方向感覚不足の方々が、遭難騒動やなんかを引き起こすのかなぁ、などと愚考してみたり。(^_^;)
ま、今回はイヤな気分になるツアー登山には遭遇しなかったので良いんですが、「自分が今どの辺にいてどの方向には何がある」くらいの基礎知識を習得してから、山へ入って貰いたいモノです。
針ノ木から下山中:イワギキョウと遠方の爺・鹿島槍

小屋へ戻り下山の支度をしていると、ぼつぼつ雪渓を登ってきた登山者が上がってきました。時刻は9時頃。何時に扇沢を出たんですか?と聞くと6時少し前だと言います。3時間で?(^^;)チョット早くね?(標準タイムでも4時間半だというのに…(@_@) 見たところ私よりもお年を召している感じ)
もう一人、私よりはやや若い感じの人も登ってきて「針ノ木へのルートはこちらですか?」と聞かれたのでその通りです、と答えて、我々は下山を開始しました。(まぁ日帰りなので荷物は少なくて軽いので、早く歩けるんでしょうね)
下りの針ノ木雪渓:ガスが雪の表面を覆い始めています

ずーっと下って雪渓を後にし大沢小屋までの途中で、後から下ってきた件の二人(そのお二人は連れではない様子)に追いこされました。確かに日帰りも不可能ではないルート(実際、学生の時に私も日帰りで行ってきましたが)。何だか記録に挑戦している“だけ”みたいな感じがしました。まぁ、人それぞれの楽しみ方があって当然だし、人には人の、自分には自分の最適なペースがあるし、とやかく言う事ではないんですが… なんか、ヤだな。もっと、山の空気というか自然界に充満する“”を全身に吸収して、それから暑い下界へ下りていきたいんです。(^_^;)

他にもいっぱい写真を撮ってきたので、拙HPにて公開予定です。

4 件のコメント:

  1. お疲れさんでした!
    アクシデントもなく良かったです。
    いや~しかし、最高の眺めですね。
    読んでいて、つかの間涼しい気分になりました。
    また写真が最高です。
    イワギキョウの写真 何とも言えません。
    あ~行きたい ほんと行きたい!

    でも今年も無理なんだよね(涙)
    他の写真楽しみにしてま~す。

    返信削除
  2. ありがとうございます。
    脚の筋肉痛がハンパないですわ! 家の階段の上り下りが非常にツライです。(^_^;)
    HPの方は、もう少しお待ち下さい。

    返信削除
  3. ブログの件、ありがとうございました。
    やはりこうして
    書き込みができるのはいいですね。
    山、最高ですね、特にご来光!
    大きなスクリーンで見たいものです。
    忘年会はコレですね。
    パノラマの繋ぎもさすがです。
    純さんのオリンパスペンも気になる。

    返信削除
  4. キルハラさんおはようございます。
    コメントありがとうございます。

    ご来光以外にもそこそこの枚数を撮ってきていますので、またご覧いただければと思います。
    パノラマ画像はCanonのオマケソフトで繋ぎました。でも拡大して見ると、繋ぎ目の重なりがNGだったりするので、こういうのはタテ位置で撮らないと上手くないですね。(笑)
    オリンパスペンは、レンズ内フレアが面白いです。

    返信削除