2010年10月16日土曜日

取りあえず…

新メインマシンが届いて一週間、先に書いた様にセットアップも済んで快調稼働中… と行きたい所ですが、若干の不安要素も持ちつつのスタートを切っています。(^_^;)

何が不安かというと、起動スイッチの事。
前のPM G5に比べてやや長く押し続けないと、起動音〜通電してファン&HDD回転が始まる…という起動プロセスが始まらない。Appleのディスカッションにも投稿してしまいましたが、コールドスタート時と少し動かした後とでも違う様だし、結論を出すのはもう少し先かな、と。
今朝も試しに時間を計ってみたところ、全くのコールドスタートからの場合、20秒近く押し続けていないと起動プロセスが始まりません。(+_+)
起動して5分くらいメールチェックやブラウジングをして電源を落とし、1分くらい置いてから起動ボタンを一瞬押して(これは私の操作ミスでしたが)様子を見ると、10秒くらいで起動音が。

まぁこういう感じなら、もうしばらく様子を見て修理なり交換なりを考えたいと思います。何たって仕事で使っているし、色々コレでないと出来ない仕事もあるし、代替機を手配してくれるのかどうなのか、Apple Careに連絡してみないと判らないし…。(^_^;)

ところでこの薄い純正キーボードにもようやく慣れつつあります。今までは付属のキーボードなんか…という感じで使わず、サードパーティー品に拘ってきたんですが、今回Mac Proに付いてきたApple KeyboardApple Magic Mouseは、スタイリッシュだしキーの打感もだいぶイイし、今後はこれを使い続ける事になりそうです。(^。^)v

今まで使っていたmatias OS X keybordは、サブ機(Power Mac G4/Mirrored Drive Door)のキーボードとして使うつもりです。
一定のキーだけ表面ツルツル…(^_^;)

シフトキーに爪の痕…

親指の横が当たるコマンドキー、この削れ方!(笑)
兎にも角にも約6年間、よく使った…ってモンです。(^^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿