2011年1月13日木曜日

面白ッ!!

MacのAppStoreが始まって約一週間、私はまだゲームアプリしかDLしていませんが(それも無料のだけ 笑)、その導入時の動作が面白いです。(^。^)

Macデスクトップ上のApple Store画面
何かアプリを選んで(購入して)クリックすると、Dockへそのアイコンがスーッと移動して自動的にインストールされます。
Dockへ入ったアプリは「アプリケーション」フォルダにも入っているので、このDockにあるアイコンが邪魔だった場合は削除が可能。この辺もある意味、ユーザーフレンドリーなインターフェースですね。(^_^)

こちらの「shiologyさんBlog」のエントリーにあった
>写真を撮ってすぐにMacBook Air 13インチでスライドショウを見せると、Windowsユーザーたちから驚嘆の声。
>Pagesで、いま撮った写真を使って、今日の新年会をレポートする会報もどきを作ってみせる。
写真をさまざまにレイアウトしたり、移動したり、拡大縮小したり、入れ替えたり……。
その他にも、システム環境設定でトラックパッドの操作映像を見せたり、Safariで文字の美しさや容易に拡大縮小できるところを見せたり……。

この辺の感覚、Windowsユーザーには新鮮な驚きだったようですね。(^_^;)

>初めてMacの操作と動作を目にしたWindowsユーザーたち。
今度は口々に、「いかにWindowsが使いにくいか」話し続ける。
>「Windowsってみんなが使ってるから、Macよりずっと使いやすいのかと思ってたけど、そうでもないのね」

世間一般に認識されている事が、意外とコトの本質とはかけ離れている… とまで言ってしまうと語弊がありますが、マイノリティーであるMacユーザーとしてはある意味、痛快な話ではあります。(^。^)

0 件のコメント:

コメントを投稿