2011年2月21日月曜日

スタめしあれこれ

サッカーの応援も「腹が減ってはイクサができぬ!」ということで、今日は松本山雅FCのホームスタジアム、アルウィンの「スタめし」をご案内しようと思います。
残念ながら画像はありませんが、JFL公式サイトの「JFLスタジアムグルメ紀行編」の「後期第一節 松本-琉球[7/3 松本球]」をご覧頂けばお判りになると思います。(^。^)

まずは“オリジナル弁当各種”ということで、お薦めなのは「松本山雅鶏カツ弁当 ¥600」です。鶏のカツとそぼろメシ+鶏照り焼きが乗ったご飯がボリューム満点でした。(^^) 生姜焼丼勝丼も棄てがたいですが、ついでながら「黄金カツサンド ¥750」もお薦めです。
また「白いハンバーガー ¥250」やら「串あらびきソーセージまん ¥150」「とうふドーナツ 2ヶ入り¥100」も侮りがたいですね。(^。^)

それからごく普通の「ハンバーガー」や「チーズバーガー」も売っていますが…

変わった所で「もんじゃバーガー ¥400」なんてのもあります。「東京浅草発祥 B級グルメ」と銘打ってありますが、松本には地元をあげて名物にしようとしている「山賊焼き」(参照:Wikipedia)というものがありますんで、ここはゼヒ「山賊焼きバーガー」を販売していただければ売れる事請け合いだと思いますが、関係各位に是非、検討していただければと思います。(^^;)

おやつ的な「山雅応援クレープ和風 雅(みやび)!」なんてのもありますが、少年達を中心に人気があるのが「牛串焼き」「豚串焼き」(どちらも¥500)があります。観戦のビールのアテにちょうどイイでしょう。そして夏の暑い盛りの観戦には、キュウリを冷やしてあっさり醤油味で味付けしてくれてある「山Q ¥200/1本」なんてのも。(^_^)

そして、私イチオシのスパイシーな豚肉がトッピングされた「新スタ丼 ¥600」があります。ご飯の上に野菜もたっぷり乗って、1時間45分の熱い応援の腹ごしらえはこれで必要にして充分。\(^O^)/(ちょと持ち上げ過ぎかな… (^^;))

オマケ的な扱いはちょっと失礼なくらいの、市内のシティホテル“ブエナビスタ”が提供している「チーズソーセージパン ¥250」とか「カレーパン ¥200」とかありますが、一風変わったデザート感覚の一品「山雅アルプス ¥300」なんてのもあります。ほうれん草ベースのとホワイトシュガーが乗った抹茶ベースと2種類あって、なかなかの人気商品みたいです。(^_^)

そしてシンガリは“ファースト和フード”「肉巻きおにぎり ¥350」「チーズ肉巻きおにぎり ¥400」なんてのもあります。これでガッツリパワーを付けて、熱く選手を盛り上げようではないですか!\(^O^)/

♪まーつもとやまが! (ドドンドドンドン!) まーつもとやまが! (ドドンドドンドン!)
まーつもとやまが! (ドドンドドンドン!)





腹ごしらえも必要ですが、ここアルウィンでは「日本一拍手に包まれたスタジアムへ」という目標があります。松本山雅FCを支える「ウルトラスMATSUMOTO」からの提案です。
詳しくは公式ブログを読んでいただくとして、そこに書かれている「拍手の3か条」には、私も大いに賛同するものです。
曰く…
1.良いプレーや気持ちが伝わるプレーには拍手を送ろう!
2.選手がピッチに現れた時や、挨拶に来た時は立ち上がって拍手を送ろう!
3.得点が欲しい時など、ここぞという時はみんなで応援に手拍子を合わせよう!

特に2番目の「選手が…」の部分は、それが対戦相手の選手であっても…という気持ちで拍手を送りたいものです。(^^)
残念な事に昨季ホームゲームで目立ったのが、相手選手が得点しそうな時や、審判が微妙な判定をした時のブーイングでした。山雅に勝ってもらいたいのは私も同感ですが、得点のチャンスはピッチ上の全選手に平等なのだし、それをブーイングによって牽制するのではなく、お互い精一杯のプレーの中で点を入れられたのなら仕方がない、気持ちを切り換えて次へ!というのがスポーツマインドでしょう。
そこにはピッチ上で走り回る全選手+審判団へのリスペクト(JFAが提唱する「他者を尊敬する気持ち」)が必要だと思います。(^_^)
やっぱりスポーツ観戦もマナーを持って臨みたいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿