2011年3月14日月曜日

何かできること

未曾有の災厄となってしまった今回の地震。まだまだ救助活動は続いているし、行方不明のままの人々も多いんですが、被災地から遠く離れた土地にいて「何かしよう、何か出来ないか」と思う気持ちは判りますが、Twitterや携帯のメールで、デマのような情報が錯綜している事も無視できません。
情報の出所がハッキリしない内容や、噂に過ぎない事(千葉の石油コンビナート火災関連や節電関係など)が一人歩きしてしまいそうな危機的状況だと感じています。実際、家内と娘の携帯に昨日今日と数件、節電関係のチェーンメールが来ました。
こういう、ハッキリ言ってしまえば“無駄”な情報のやり取りは、ネットトラフィック増加(ネットの渋滞)を招くだけで、一切プラスにはなりません。

そんな中、今朝の新聞で読んだ事で印象に残る記事がありました。
それはヴェトナムからの話で要約すると…
「(日本人はこの様な大災害にあっても)怒鳴り合いや喧嘩もない。皆が冷静に秩序だって行動している。怖いはずなのに誰もパニックに陥っていない。自分の仕事に集中して連絡を取り合っている。」「本当に強い国だけがこうした対応が出来る。」
と言う事だそうです。


“先進国”“後進国”というステレオタイプな話ではなく、手前味噌的な事になってしまいますが、それが我々ニホンジンの先天的(?)な「やまとごころ」の所為ではないかな…などと思いました。
他人の立場になって考える… 普段から常に思っている事ではありますが、こういう非常時にそれがオモテに出てくる、日本に住む皆の心根にそれがある事が、何かとても嬉しいです。

ラジオもかなり通常の放送内容に戻りました。今、被災していない私たちが出来る事は、実際的な支援活動もさることながら、これだけ大きな災害が起きてしまって、それによって経済が滞ってしまうような事の無いよう、日々の活動(仕事も生活も)を日常へできるだけ戻して、それが巡り巡って被災地の復興の助けになるように、経済活動をもり立てて行く事ではないかと思います。


そんな中で、ULTRAStyleさんからの発表がありました。
「松本山雅サポーターにできること」「サッカーファンにできること」を考え、私たちが出来る事を実行していきたいと考えております。
 このたび、この支援活動をより大きなものにしていくため、AC長野パルセイロサポーターズグループ HINCHADA NAGANO 様と協同で支援活動を行なっていくこととなりました。
今回の活動に際し、共に活動をしていくという判断をしていただいた HINCHADA NAGANO 様に心より敬意を表します。
具体的な活動に関しては、調整が付き次第ご報告させていただきます。
サポーター間で協同していくと共に、両クラブとも連携し、より大きな支援の輪を作って行きたいと思います。
このような事態に際し、できることを実行し、周囲に影響を与え、その力を示していくことが、多くの方から求められているスポーツクラブの本質的な機能なのだと考えています。
小さなことしかできませんが、それでも何かのお役に立てられる様、対応していきたいと思います。
多くの方々を惹きつける 信州ダービーのように、今回の支援の輪が、より多くの方に広がっていく事を願っております。
Link: ULTRAS MATSUMOTO
Link: HINCHADA NAGANO

これこそが、我ら松本山雅のスローガンであるこの言葉でしょう。

One Soul

信州の我々からも、この言葉と気持ちを持って被災地へ復興の願いを送り続ける事にしましょう!


追記:新聞にありましたが、ヘルツの違う関西圏(中部電力・北陸電力・関西電力および以西)から関東圏へ電力を分け合う事は、変換施設の能力が目一杯のため、即効性はない様です。
融通できる電力が全くゼロではないにしても、ヘルツの違う我々が出来る事は、出来るだけの節電と、上にも書いたような経済活動を停滞させない意識、が必要なのではないかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿