2011年3月17日木曜日

地震と地殻

今回の東北関東大震災以来、日本列島ではマグニチュードの大きい地震がまさに“群発”している訳ですが、調べてみるとやはりプレート同士の歪みが大きくなっているという事なんでしょう。
新聞には、地震学者など専門家の意見として「関連性は低いが否定しきれない」趣旨の記事がありましたが、シロートの私でも、やはりプレートの重なり合うこの日本列島の場所で、何か大きな変化が起こっている事は当然なんだろうな、と思います。

大陸プレートの図(画像元:ウィキペディア
この全地球図を見てみると、大きなユーラシアプレートと太平洋プレート、そしてそこへ北から楔のように入っている北米プレートと、ユーラシアと太平洋に挟まれたフィリピン海プレートがあります。

(てっきり先日まではユーラシアプレートとフィリピン海プレート、そして太平洋プレートの3つだけだと思っていたら、もう一つ北米プレートがあったんですね。(^_^;))

各プレートと今回の震源地相関図(元画像:職場と家庭の地震防災マニュアル
こうして震源とプレートの図を重ねてみると、その境界面で順に地震が起こっている事がよく判ります。
そしてもう一つ、断面構造がわかる図がありました。

日本列島の地下構造(画像元:山賀進氏WebSite/日本列島
こちらの山賀進氏のサイトを見ると、プレートテクトニクスに加えて火山(マグマ)活動も、当然のことながら日本列島を形成する要素になっています。加えて、ユーラシアプレートと北米プレートの境界線上にフォッサマグナの西縁が合致している事が判ります。(それもあって長野北部の地震が、最初の振動以外は松本が揺れなかったということか…)


これほどおっかない地盤の上に日本列島は位置していたんだ… と改めて思うし、そんな土地に、たかがマグニチュード8程度の耐震基準で原発を建設した政府と電力会社は、愚かな発想だったんでしょうか。答えはどこにも無い様な気もするし、危険な原発を作るならそれだけ万全な耐震設計をして臨むべきだった、と言えるんでしょうか。

このまま何事も起こらなければ本当にラッキーなんですが、今回の群発地震が、心配されている東海・南海・東南海連動型地震の引き金にならない保証はどこにもありません。
イタズラに不安を煽る積もりは全くありませんが、これ以上の災厄が日本列島を襲わないように、一般人の我々はただ祈るしか無いんでしょうか。

0 件のコメント:

コメントを投稿