2011年7月19日火曜日

東日本社会人サッカー大会-決勝

なでしこの快挙の興奮も覚めやらぬまま、アルウィン国体長野県選抜vs藤枝MYFCの決勝を見に行ってきました。
前日とは違って曇り空から後半途中にはちょっとだけ雨がパラッと来る空の下、何となく天気と同じ様にパッとしない感じで観戦してきました。何なんでしょう… 片やクラブチームの藤枝MYFC、それに対して、ヘンな言い方ですが“寄せ集め”チームの国体長野県選抜。連携の意思統一とか、細かいパス精度とか、部分部分でクラブチームの方が上だったのかな…と。
前日の栃木選抜も同じ様なチームだったので3-0で勝利できましたが、クラブチーム相手ではこんなモノなのかな、と思いました。しかし国体というステージでは、どこのチームも同じ条件。北信越予選に通過して本戦に出場すれば、きっと良い成績で帰ってきてくれる事でしょう。(^。^)

ゲーム開始の挨拶後、柿本選手佐藤選手
柿本選手、相手CKをヘディングでクリア
何度も長野Gへ迫る藤枝FCの猛攻
何度も攻め込まれ、前半のうちにキレイな連携から1点を決められそのまま後半へ。

どこのクラブも目指すモノは一緒ですね(^。^)
柿本選手、ゴール前のこぼれ球に迫るも得点ならず!(´д`)
後半30分頃、相手との接触で額から出血の柿本選手、アタマにバンデージを巻いていました。見ている限り出血している量はほんの僅かに見えましたが、安定させるためにアタマを巻く形にすると痛々しいですね。(^_^;)
後半30分過ぎ、交代で入ったオザッシュと、それよりも少し前に
交代して入った石田選手('10シーズン山雅戦士)が笑顔で握手
(オザッシュのブログを見ると、泊まらせてあげた様ですね)

最終的に0-1で長野選抜は敗退、優勝は藤枝MYFCでした。

オザッシュのブログにもありますが、この大会参加が国体選抜選手選考のひとつだそうで、出場時間は柿本選手佐藤選手そして斎藤先生は圧倒的に多く、オザッシュは前日もこの日も20分ずつ。それが選考結果にどう反映されるのかは判りませんが、ぜひオザッシュにも国体へ行ってもらいたいものです。
ユースアカデミーへ戻って指導する時に、その経験を子供たちへ伝えていただきたいんですよね。(^。^) 今日のタウン情報にも載っていましたが、Jへ上がるうえでも“育成”環境の改善は急務だと思うので、それはこうした指導者の“質”も大いに関係してくる事だと思います。


余談ながら…
この試合前に、緑のFDA機が着陸してきました。あの便にも長崎戦を見に行った何人かは乗っているのかな〜、と思っていたら案の定、空港人さんのブログを見るとまさしくそうだった訳ですね。(^_^)

0 件のコメント:

コメントを投稿