2011年7月21日木曜日

OS X Lion 発売

Windowsな方には関係の無いお話ですが、AppleからMacintoshの基本ソフトOS X Lion(10.7)発表・発売されました。
今までの様な店頭でのパッケージ販売ではなく、全てApp Storeからのダウンロード販売となります。(“箱”が無くなるのは、先日の地震で棚から空箱が散乱したウチとしては歓迎なんですが、そのデザインを凝らした“パッケージ”が無くなるというのは一抹の寂しさがあります (^_^;))

画像元:Apple
同時発売のMacBook Air/画像元:Apple
もう一つ同時発売のMac mini/画像元:Apple

OS X Lionの価格は¥2,600ナリ。(^。^)
Windowsと比べて随分と廉価なんですが、実際OSなんて(?)こんな価格で収支は取れる…という事でしょうか。(そこへ行くとWindows7のHomePremiumですら¥26,040 →¥22,115=Amazon価格って、何なんでしょうね)


という事なんですが、前にも書いた様に私としてはまだ、今の時点ではホイホイとOSを切り換える訳には参りません。何と言ってもお仕事アプリのいくつかが、まだLionに対応していないのではどうしようもありません。(^_^;)
こうした基本システムについては、新しいからと言ってすぐに飛びつくのは避けた方が良い…使っているアプリケーションが問題なく動作するか、他の人の使用結果などを参考に(“人柱”とも言う)する…というのが常識です。

0 件のコメント:

コメントを投稿