2011年8月4日木曜日

祈り届かず… か

サッカーの神様はそっぽを向いてしまった様です。
哀しすぎます。
信毎Web
山雅公式サイト
カテゴリやチームを越えて、これだけ全国から祈る声が集まっていたのに…
残念でなりません。



6月7日/FBC(松本市サッカー場)にて
1月の初練習時に履いてアピールしていた緑色のランニングシューズ




今日もFBCで行われた都市大塩尻高とのTMでも、選手は走り回って得点への連携を深めていたのに…。

こうなった以上、今週末のSAGAWA SHIGA戦はフェアプレーに徹する事ではないかと思います。
何よりも松田選手は普段からファウルを犯す事はしていなかったし、仲間がレッド食らって退場するシーンをどう思っていたのか…少なくとも苦々しく思い、“そんな事で退場するなよ!”と思っていたんだと信じたいです。
そういう想いを受け止めて、残された山雅戦士達
ノーファウルで今後の試合全てを精一杯頑張って、そしてシーズン終了時には松田選手の遺影に「俺たち、やったぜ!」と報告できるよう努力を惜しまないで欲しい。

ありがとう、松田直樹選手
1月にこの山雅へやってきて、疾風の様に駆け抜けた、貴方は山雅の誇りです。
私たち山雅サポーターはその勇姿を忘れません。
ツイッターに流れていたお母様の言葉「最後に倒れた場所がビッチの上だったことは幸せだ…」が心に染みます。

そしてこの言葉”One Soul”をかみしめて、週末のアルウィンで闘います。
松田選手、本当にありがとう!!

0 件のコメント:

コメントを投稿