2011年9月18日日曜日

なんかな〜

今日の試合観ていて、思っちゃいました。
「このまま万が一、J2へ上がっちゃったりしたら、先々苦労するんだろうな…」って。

何だか前々節の戦が夢の中だった様な、前節と今節の試合展開が本当の姿だったんじゃないか…なんて、そんなネガティブな思いもフツフツと湧いてきてしまいそうな、そんな敗戦直後の心境です。(-_-)

今日の入場者数は6,685人
風があって良かったけど、日差しが暑っい!(-_-;)
湯澤かよこサンミニライブ
キックオフ
この時は勝利を信じていたんですけどね…
下を向くな!上向け!(-_-;)







………と言いつつ、再来週にはまたユニ着てタオマフ持って、アルウィンに来てしまうんですけどね。(^_^;)
(“ダメな子ほどカワイイ”ってヤツですか? 苦笑)

兎にも角にも、One Soulで応援し続けます。

2 件のコメント:

  1. 今日いろいろ思いを巡らせてみました。長野には勝って中位以下のチームに負けてしまう山雅って何なんだろうと。
    1サポーターの推測ですが、対戦相手の分析がちゃんと出来ていないんではないかという気がします。選手や監督の問題ではなく、野球で言う先乗りスコアラーのようなスタッフが不足しているのかも知れないと。
    反対に、山雅は相手からは十分研究されているのではないでしょうか。

    と、そんなことを考えていたら選手がかわいそうになってきたので、またアルウィンには必ず行きます。

    #須澤さんではなくて湯澤かよこさんですね。

    返信削除
  2. お早うございます。コメントありがとうございます。m(_ _)m
    漢字間違い、ご指摘ありがとうございました。早速直しておきました。(^^;)ゞ

    そうですねぇ…
    そうした分析・対策も含めてチームの“実力”という気もします。監督やスタッフがするべき仕事として…。

    それもこれも、全て含んでの“山雅の魅力”だと思いますので、応援する気持ちは変わりません。選手のプレーが不甲斐ないと言って、監督の采配が不可解と言って、不満のはけ口の様な罵声を浴びせるんではなく、温かく見守ると言うか、おこがましい言い方になってしまいますが大きく構えて、後ろから後押しする存在になりたいものだと思います。(^^;)

    返信削除