2011年10月6日木曜日

ジョブス死去の報に接し…

膵臓癌(だったかな?)で第一線を退き、療養に専念する為にApple社のCEOを退陣していたApple社創設の一人(もう一人はS.ウォズニアック氏)だったS.ジョブスが死去しました。最近の画像では、癌患者特有の痩せ方で、でもまだまだ大丈夫…という根拠の無い気持ちで見ていたんですが…。
ニュース1:cnet Japan「アップル会長S・ジョブズ氏、死去」
ニュース2;ASCII.jp「スティーブ・ジョブズ氏死去」

画像元:Apple
画像元:Apple

偉大な人でした。
商品開発への意見の違いやら色々の原因からApple社から追われ、対抗するようにNext社を立ち上げて独立独歩のコンピュータ開発を続け、やがてまたAppleに迎えられてiMac、iBook、iPod、iPhone、MacBook AirそしてiPadなどなど。ハードウエアばかりでは無く、Mac OS XやiDiskに始まるネット上のストレージ(iCroud)やiTunes、MacStoreなどの販売体系まで、常に新しいカタチ、新しい発想で私たちを楽しませてくれ続けてきました。
機密主義を徹底したApple社から新製品が出る度に私たちは驚愕し、購買意欲をかき立てられ、その製品を愛する様に使っています。時にはその極端とも言える思想や言動で物議を醸したりしましたが、その精神が、我々の使うApple製の“道具”が素晴らしいモノであり、さらにAppleのハードウエアやサービスを通して様々な“創造性”を駆り立てられて、世の中の色々なモノやコトとして循環している… そういう有り難さをかみしめながら、冥福を祈ろうと思います。

偶然だとは思いますが、MacFan誌が「ありがとう、スティーブ」なる特集記事を組んで発売されている最中、こうした事が起こるなんて。(-_-;)

0 件のコメント:

コメントを投稿