2011年10月21日金曜日

iPhone車載ホルダー

iPhoneを車載で使うクリップ(DaSH CRab ¥2,480ナリ:販売サイト)を購入し、早速クルマへ着けて使ってみました。
今までiPod touchを車内で使う時には、touchをコンソールのシフトレバーの横辺りに転がしていたんですが、選曲する時なんかの使い勝手が悪く、今回iPhoneにしてカーナビ的なアプリ(取りあえず“なびすけ”)も入れてみたのでうってつけのガジェットです。(^_^)

取付状態
吸盤はゲル素材で、シボ加工の面にもピッタリ吸い付きます

路面の凸凹による振動も、全く気にすること無く使えます。

“なびすけ”の画面
横位置に出来ないのがチョット残念(^_^;)
早速クルマを向かわせたところは… 山雅の練習場である松本市営サッカー場(FBC)です。(^。^)
この“なびすけ”、GPS電波を受けてほぼ正確に現在位置を表示してくれますが、一般のカーナビと違って、地図のヘッドアップ表示ができません。地図は画面の中でぐるぐる回りますが、文字表示などは元のまま…つまり、南向きになっても文字は反対を向いた状態です。(^^;)

FBCに到着…
うーむ、向きが違うぞ…
さらには、駐車場などでぐるりと移動回転した時など、方向がアサッテの方を表示してしまいます。(^^;)

しかしながら、表示のキレイさや正確さは車載のナビよりも格段に良いですね。
上:“なびすけ”君、下:車載のカーナビ(Pioneer 楽ナビ 2002年モデル)
高精細のiPhone Retinaディスプレイと、言ってみればひと昔前のWindows95時代の画面ほどの違い。(笑)

カーナビの方はまだ橋を渡りきっていない位置を表示しているんですが、iPhoneの方は正確に橋を渡りきって堤防道路との交差位置を表示しています。カーナビはGPS情報の他にタイヤを介したジャイロセンサーを搭載しているハズなのに、この差は何なんでしょうね。(^^;)
もっとも、“なびすけ”君の方はGPS電波が届かないトンネルや高架下などでどうなるか、実際に遭遇してみないと判りません。それから、一定時間が経過すると節電のために、画面がブラックアウトしてしまう事が気に成りました。(アプリによっては設定が変えられるものも有る様で)

こうしたカーナビ的なアプリ、今回は無料の“なびすけ”を入れてみたんですが、他にも色々あって試用に迷います。App Storeのカスタマーレビューなども参考にしながら、使い続けるヤツを決めていこうと思っています。

とまぁ、折角FBCまで行ったので山雅の練習シーンなども書いておきます。(^_^)
行ったのは11時過ぎ。ギャラリーゾーンにはいつもより多めの3〜40人位だったでしょうか。

セットプレーの練習ですね
この時のキーパーは白井選手かな
石川扶選手は一生懸命リハビリ中。でもかなり良い動きはしていました。
珍妙な格好ですが、ちゃんと理に則った事をしているんでしょう

今週末の栃木UVA戦、それから続くホーム3連戦では絶対に取りこぼし無く、さらにはできる限り得点を入れて圧勝して貰いたいですね。そしてその先に控えるHFLからの腐れ縁(!?)相手・ツエーゲン金沢も撃破して、順位を不動のモノにしてください。

モチロン、我々サポもOne Soulで応援します!(^o^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿