2011年11月30日水曜日

審判

月曜の記事で「ボランティア的な審判の元でやるサッカーは…」と書きましたが、先日のホンダロック戦を裁いた主審は、Jリーグでも笛を吹いているそうで、Jの試合でも“試合を台無しにする”事で有名(?)な方の様です。(^^;)
となると、どのカテゴリへ行ってもこうした“アブナイ主審”は存在する訳で、Jリーグに関わる審判団の全員が全員、西村さん上川さん廣島さんの様に信頼の置ける審判ばかりではない…という事も忘れてはならないでしょう。確かに、先日の天皇杯2回戦・3回戦で山雅の試合を裁いた審判団は、納得のいく判定をしてくれました。
でも今回の池内主審のように判定に一貫性がなく、後半最後でスローインポジションから離れない相手選手を下がらせようとしていた時に遅延行為でイエローを出すとか、木島徹也選手へのイエロー2枚目、終了直前の今井昇昌太選手への後ろからのタックルを流して終了の笛とか、結構首をかしげる所のある判定は、今後も巡り合わせる可能性がある…という事を忘れないでおきましょう。(^_^;)

審判はどうあれ、自分たちのサッカーを続ける事で結果を呼び込む…
One Soulで声を掛け続ける我々サポは、山雅が最高の結果で今季を終われるよう、後押ししていくのみすね。(^。^)

♪山雅の勝利を〜 山雅の昇格を〜
俺たちは信じてる ララララ〜ラ〜ララ ララララ〜 \(^O^)/

2 件のコメント:

  1. 橙獅子みたいに下手っぴな審判を12人目のミカタに引っ張り込む術をチーム戦術に取り込むだいね(^O^☆♪

    下手なシミュレーションでPK取るより楽ちんだじo(^▽^)o

    みんなでJへいかず!

    返信削除
  2. 匿名さん
    お早うございます&コメントありがとうございます。m(_ _)m

    確かに…そうした“戦術”もアリかも知れませんね。(笑)
    (しかし実際問題、かなり難しそうですが…(^^;))

    ともあれこれでJへ上れば、少なくとも先日みたいなおかしな線審とはオサラバです。(^。^)

    返信削除