2012年1月2日月曜日

サッカー漬けな正月(笑)

皆様明けましておめでとうございます。
本年もまた取り留めなくダラダラと書いていきますが、拙ブログをよろしくお願い致します。m(_ _)m

さて元日から今日と、ご多分に漏れずサッカー漬けな正月を過ごしております。(^_^;)ゞ
元日は昼頃からちょっと気取ってワインを嗜みながら天皇杯を観戦、そして夕方から夜は、帰省した娘を交えて録り溜めた山雅関連の番組&クラシコDVDをゆったり鑑賞。(^。^)
映画クラシコは、劇場版とは若干編集が異なっている様ですが、かなり山雅寄りな内容と、懐かしい映像で楽しめました。DVDの特典映像として付いている「〜フクシマを遠く離れて〜」も本編以上に感銘を受けたし、クラシコ制作に至るまでの裏話もあって、充実した内容でした。

天皇杯ではハーフタイムに我らが多々良選手の表彰があったんですね。(^^)
その名も「SURUGA I DREAM Aword(別名ジャイキリゴール賞)」\(^O^)/
3回戦でアルビレックスから奪った先制点を表彰してくれました。



おめでとう!多々良選手
結婚とのダブルハッピーですね。(^。^)

で、今日2日は朝から箱根駅伝を観て、途中ちょっと外出して戻れば全国高校サッカー選手権の時間。(^_^)
長野県代表の東京都市大学塩尻高校は、立命館宇治高校と対戦しました。
前半は押し気味な試合展開で惜しいシュートも数本あったのが、じわりじわりと宇治が攻め込んでくる展開に…しかし0-0のままで前半終了。後半には中盤2人を交代させ、攻撃の布陣を変えて始まりましたが、攻めきれずにゴール前の混戦から失点。
その後何度も攻め上げて、惜しいシュートやあわや相手オウンゴールの場面もあって、手に汗握るプレーを繰り返しましたがゴールネットを揺らすことは出来ず、敗退してしまいました。
こうして観ていると、サッカーにおいての1点の重さがものすごく大きいモノだなぁと改めて思いました。天皇杯の様に2-4で勝敗が決まったりする展開もありますが、0-1というスコアでも、内容は物凄く濃いという訳で。(観ている最中に、後半のA.Tに同点に追いついたりして…などと“都市大劇場”を期待してしまったのは、山雅シンドローム(症候群)なんでしょうか 笑)

そんなサッカー三昧な正月もあと1日。さて明日は何をして過ごしましょうか…(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿