2012年1月15日日曜日

昨晩の「松本ナイト」で…

昨晩は松本のライブハウスGNUにて、ここ信州松本においても絶大な人気を得ている、九州宮崎を本拠とするホンダロックのサポーター代表・ショッカー総統による「松本山雅を徹底的に語り尽くすイベント」が行われ、ユーストリーム中継で見る事ができました。(^_^)
なかなか見応え(笑)のある内容でしたが、送信側回線の具合がイマイチで時々ブラックアウトしてしまい、その間の内容が聴取できなかったのは残念でした。

その話の中で印象的だったのは、アルウィンの躯体(建物としての構造)が、観客席増設を見越して基礎部分が設計されている…という事実です。
松本空港滑走路のすぐ脇にあって、航空法の制限で高い照明塔が建てられないのは知っていましたが、実は今の観客席がリミットではなく、増設可能だということ。総統の言葉ではありませんが「デッカイ賭けをしたもんですね!」って、私も思います。(^_^;)

アルウィンメインスタンド:屋根を広げて欲しいな
バックスタンド:座席増やすとすればこちら側?

航空法では、滑走路の周辺建築物の高さ制限がありますが、その範囲内で座席を増やすとか屋根を掛けるとかの“改良”が可能…という話は嬉しいですね。アルウィンのピッチは、周辺の土地よりも低く設計されています。北側の道路のレベルが、大体ゴール裏観客席の横断通路くらいのはずです。南側のゲート部分は盛り土なので、芝生駐車場からアプローチするとやや上り坂なのが判るでしょう。(蛇足ながら、建設時には、今のピッチレベルよりも相当深く地盤を掘って造っていたそうで、滑走路の北端の地盤レベルはおおよそ、バックスタンドの一番高いところ位です)

もっとも、そういう改造する際の資金は?という話になると、アルウィンは県の施設だし、実現されるとしても夢のまた夢です。(^^;)
でも、山雅はそうした“夢”を、今回J2昇格という形で実現した訳ですし、今後100%全くあり得ない事…では無いはず。
総統が言っていた様に、これからFC東京コンサドーレ札幌サガン鳥栖が抜けた後のやや華に欠けるJ2を、山雅が活発に躍動して盛り上げ、良くも悪くも話題の中心となって世間の耳目を集める事になり、キャパが2万人という現状を越える集客ができた暁には、県の重い腰を上げさせる事も不可能では無いはず。(^。^)

もう一つ印象に残ったのは「このまま行っても、集客力はせいぜい1万5〜6,000人で頭打ちになる。その時にどうやってさらに増やすのか…がポイントになるのでは?」という話。
確かに、今までのままでは「試合が終わったらはい、サヨウナラ」で周辺道路が帰宅のクルマでごった返す…サッカーとは関係の無い(興味の無い)周辺住民からクレームが付き…というマイナスイメージは、すでに出始めているだけに、今の内から対策しておくべきだと思います。
交通的に不便なアルウィンをどうするか…という問題に対して、答えのひとつはシャトルバスでしょう。現状は松本駅とアイシティ21からの2ルートのみなんですが、それに加えて例えば塩尻駅からのルートを増やすとか、考えられる事はいくつかあります。
さらに話の中で「アルウィン周辺をもっと気ままに過ごしやすい、例えばテーマパークの様な施設化するのも1つなのでは?」というのがありました。私は、試合終了後にアルウィンで流されているTHE HIGH-LOWS「日曜日よりの使者」を聞いていつも思うのが(歌詞の中身とはやや離れてしまいますが)「こんな風に山雅の試合がある日曜日を、もっとマッタリと過ごせる様になればいいな…」という事です。
何というかノンビリとして、非日常を味わう事ができる…そんな1日が、アルウィンの周りに有れば皆で楽しい休日を過ごせる様になるんではないか、と。(^。^) それが金を使うアトラクションではなく、例えばのんびり散歩するとか、子供を芝生で遊ばせるとか、一日中ゆったりとアルウィンの周囲で何かしていれば、交通集中による渋滞は起こらないでしょう。
それがシャトルバスのターミナルであるアイシティでも良い訳で、そこなら買い物だってできる訳です。
そんな、今後の山雅の周辺について色々な事に考えを巡らせる…それも山雅のためのOne Soulの1つだと思います。(^_^)

2 件のコメント:

  1. 視聴ありがとうございました。

    山雅の未来のために色々と知恵を絞って下さい。
    あの箱を満員にすることから増築の話が出てくるのですが、
    簡単ではないですよ。頑張って下さい。

    総統

    返信削除
  2. ショッカー総統様、ご来訪&コメントありがとうございます。m(_ _)m

    お書きの様に、アルウィンが満員になって、そのうえで初めて増築の話が具体化すると言う事は、しっかり認識しております。
    同時にそこまでの道程もハンパではない事も…

    頑張ってチームを後押ししていきます。(^_^)

    返信削除