2012年2月6日月曜日

御殿場キャンプを終えて

昨日書いた様に、山雅は御殿場での一次キャンプを終了、午前中までのトレーニングを終えて、スタッフ&各選手は松本へ戻ってきたようです。(須藤選手のブログで小松選手無残なお疲れの様子が写真入りで…(^^;))
しかしその最終日、当初の予定では午前中のみで練習を切り上げる事だったようですが、実戦的な練習に入ったらそうはいかなかった… と、J's GOALのレポート記事にありました。(^_^;)

「『難しい』じゃない!『無理』言わない!」とエルシオコーチの激が、時の栖のピッチに響くが、練習漬けの日々も一端終了。ここまで順調に推移しているとあって、リラックスムードも漂っていた。
しかし、このままコンディション調整だけで終わらせないのが、反町流なのか。
監督の陣頭指揮のもと、ピッチにパイロンを置いての“シャドウトレーニング”に移ると、ピッチが一気に緊張感で包まれた…
とのことで、最後にもピリッとした緊張感を持ってキャンプは終了した様です。
反町監督曰く
「ここまでは基本問題。応用問題に取りかかるのは宮崎に入ってから」

新聞にも書かれている言葉で、当然すぎる事ですが、基礎>応用>基礎>応用…と繰り返していく事で、選手個々の身に付いていく。その場がキャンプであったり、試合日外の練習だったりで繰り返していく…当然すぎることですが、そうしてようやく「J1を目指す」チームが出来上がっていく訳なんでしょうね。

ところで気に成っている、選手のポジション再構築についてはどうなったんでしょう。土曜日のTMについてのレポートにもありますが、まだ試行錯誤の段階の様で、誰を何処で使う…という段階までは行っていない印象ですね。
その辺は宮崎キャンプで大体の方向性を決定して、25日のTMで試す…という感じでしょうか。
そうなるとまた、我々サポは豊田へも遠征しなければなりませんね。(^。^;)
(それにしてもそれの1週間後にはJ2開幕戦かぁ… 忙しッ!(^^;))

それから、土曜日のTM会場で山雅のことを「さんが、さんが」と呼んでいた甲府サポさんが居た…とTweetしている人が居ましたが、まだまだチーム名の浸透は低い、という事でしょうか。(^_^;)

知名度向上もOne Soulで! (^O^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿