2012年3月21日水曜日

“変革”は始めたばかり

昨日のvs愛媛FC戦は0-3の完敗で終わりました。
私はTwitterで流れを読むだけでしたが、試合後の反町監督記者会見の内容を読んで「ああ、まだまだなんだな…」という感じでした。
一部を引用しますと…
勝利を収めたことで自分が上手いプレーヤーだと思っている選手がたくさん増えてしまった。それがゲームに影響を与えてしまった。
この前の試合は勝ったけど、内容的には雲泥の差だった。自分はその雲の上だと思っているようでは。こういうふうに、たたかれないと目が覚めないようではプロフェッショナルとは言えない。 
さらには…
能動的にセンターサークルで受けて前を向くとか、角度をつけてボールを受けるとか、そういうプレーができないし、話をしてもできるまでは至っていない。
 …なるほど。
監督的に見てこう言う事なんですね。我々サポ視線からもTwitterで「パスの精度の低さ・勢いのなさ」「DFからのフィードとFWの感覚が合っていない」とか出ていましたが、反町監督はそういう事もひっくるめて「顔を洗って出直さないといけない…」という言葉に集約されている感じでしょうか。(-_-;)

画像元:J's GOAL | ゲームサマリー



選手の中、特に飯尾選手は「なんでもっと闘う気持ちを出せないのか」と憤っているし、弦巻選手玉林選手も攻めきれない事を気にしている感じのコメントがありました。
監督の言う“プロフェッショナルへの変革”は、まだまだ始めたばかり、理想への“茨の”途を歩み出したところだと思います。
まだまだ4試合が終わったのみ。
我々サポとしても、この1勝の後の敗戦という結果を謙虚に受け止めて、今後もいくつか続くであろう危うい戦いの中に、1つでも勝てる試合がある事を信じて、それを目にするためにスタジアムへ足を運ぶ事が大事だと思います。(それくらいでなければ、サッカークラブのサポなんて言えないと思いますし(^_^;))

それでこそのスローガン、One Soulなんでしょうしね。(^。^)

0 件のコメント:

コメントを投稿