2012年3月25日日曜日

“J”のレベルで闘うこと

昨日のvs水戸戦は何とか0-0のドローで終わりました…いや、終わ「れ」ました、の方が正しいかも知れません。でも前節愛媛戦での惨敗から考えると、ようやく「叩かれて目覚め」つつあるのかな…というTweet上の印象でした。(余談ですが、ようやく家庭内財政的にスカパー!の加入がOKになり、次のアウェイ戦からはスカパー観戦が可能となりました(^^;)ゞ)

実際に画面では見ていませんが、試合後のJ's GOALの記事を読むとおおよその印象が見て取れます。(^_^)
反町監督の試合後記者会見の言葉の中で…
相手よりもファイトして、よくユニフォーム汚した山雅らしいゲームだった… 
まずまずの及第点だったという事でしょうか。しかし…
自分たちのボールを大事にできないという、なんとも見ている人にとって歯がゆいところがあると思いますが、ゲームをしながら少しでもスキルアップしていきたい…
この辺は観ているサポとしても、次節・次々節と徐々にモノにしていって欲しい所で、でなければJで試合を闘っていく意味も価値もありませんからね。(^_^;) 私たちが観たいのは、華麗なシュートとかテクニカルなボレーとかもさることながら、貪欲に“勝ち”にこだわる姿勢、長いシーズンを闘い抜いていく成長を見守りたい訳で。反町監督のプランとして、J経験のある選手たちを先に起用して、その姿勢や実践を昨年までのメンバーに伝えていく…それをチーム全体の底上げに繋げて、来季への布石にしていく、というのがあるんだと思います。
そしてその成長を信じながら、良い時も悪い時も選手たちの力となれる様に応援していく…それが私らサポの歓びな訳で。(^。^)



またJ's GOALには、選手のコメントも載っています。
飯尾選手は…
今日の内容は今季で一番だと思う。内容といい、ボールの動かし方も手ごたえを感じた。ここにさらにパワーを付け加えていきたい…
心強いコメントですね。(^_^)J's GOALの記事には監督の言葉ばかりでは無く、こうした選手目線の記事があるので有り難いです)
一方、対戦相手の水戸・小澤司選手の言葉の中に
前半はつなごうという気持ちが強くて、球離れが悪いところがあった。
点は入りそうだったけど、最後のクオリティーに問題があった。
…というのがありました。何と言っても現在リーグ2位の水戸ホーリーホック、元代表の鈴木選手も居る手怖い相手だったことには変わりは無く、いつやられてもおかしくない展開で我が松本山雅はよく踏ん張って、無失点に抑えることができたという事でしょう。
昨日のJ2はこの1試合しかなく、NHKのBS1/Jリーグタイムでも映像付きでレポートしてくれました。(^^) 最後に反町監督柱谷監督の、笑顔の握手シーンで締められていたのが印象的でした。

追記:喜山選手のブログが更新されていて、水戸戦について書かれています。その中での一文…

練習で毎回向上心もって成長していかないといけないし、厳しい練習をして試合で自信をもってプレーできるようにしないといけない。
強くなるにはほんと毎日の練習しかない。
次のホームでは必ず勝ってみんなで喜びたい!!
心強いですね。ベンチ入りできていない選手も含めて、全員で自信を大きくしていって欲しいです。(^。^)


それにしてもこの試合の観客数が2,952人って、普段のホームゲームでもっと観客数が多い我々の感覚としては、いささか少ない感じです。ちょっとググってみたところ、この人数はここ3年の平均にも達していません。山雅サポがどのくらい行ったのか把握できていませんが、例えば山雅が1,000人としても水戸はその2倍弱。(^^;)
それでも2010年の戦では1万人を越えていますが、これも柏サポの“アウェイジャック”状態だったんじゃないかな…と。
最低でも4,000人は越える山雅の感覚でモノを言っても仕方ないかも知れませんが、もうちょっと応援してあげても良いんじゃ?というのが正直な気持ちです。(と言うか、逆にここ松本の我々が異常なのかな?笑)

まぁ、何と言われようがどう見られようが、ここ松本“信州松本のフットボール”確立を目指す私たちとしては、私たちのペースで山雅を応援し続けるという事で。(^。^)
当然、次節のカターレ富山戦もOne Soul!です!

0 件のコメント:

コメントを投稿