2012年4月19日木曜日

EEO!

ついさっきのFM長野「All Around Gans」コーナーにて、飯尾選手がスタジオに登場、色々な話を聞かせてくれました。(^_^)

い〜おかずや!
俺たちのい〜おかずや〜!\(^O^)/

内容はそのうちにFM長野サイトへ載る(過去の録音はこちら>>)と思いますが、聞き取った要約をちょっと…


チームについて:
ポテンシャルは高いけれどメンタル面で弱い所もある…
ちょっとしたところで相手より上回れない時もあるが、その逆もアリ…
結局はチームが上手く行っていれば、個人的にも充実していると思っている。
なるほど〜、確かにポテンシャルの高い選手は揃っている感じですが、それが上手く噛み合うかどうかで結果が変わってくる…なんて事はアタリマエなので、あとは監督がスタメン・ポジションでどう組み合わせて、その先に選手個々がプレーの最中に感じあって、上手いこと化学変化が起これば本当に強いチームになる…という事なんでしょうか。


反町監督について:
相手チームの場合は怖いイメージだった…
厳しくて細かいと聞いていたが、アタリマエのことを指摘されている事が判ってきた…
グラウンドではのびのびやらせて貰っている…
練習でやっていることが自然に次節での対策になっていて、試合が始まってみると「ああ、なるほどね!」という状態になる…

反町さんのことを、飯尾選手は前所属の横浜FCの時に、対戦した湘南の監督として、そういうイメージを持っていたんですね。特に「ああ、なるほど…」の部分は、今回分析コーチも入って相手チームを分析して、その結果が上手く反映されているという所でしょうか。ここでも反町監督の“有り難み”を感じてしまいます。(^^)


対千葉戦について:
相手がどういう状態であれ、相手が高校生でも何でも、自分たちがどういうサッカーをするか、どういうモチベーションで臨むか、がポイントだと思っている。

頼もしいですね。(^_^)


結構試合中に声を上げている印象で、飯尾選手が一番煩い感じもあるなか「普段煩いガチャはグランドでは結構静か…」だとか、山雅HPの自己紹介にある「将来の夢=お嫁さん」って?の振りに、「お嫁さんは“そろそろ”!!!?」みたいな言葉もありました。(^。^)

最後にサポーターへ向けて、


昇格の時の歓びをまた皆で分かち合えるように、日々頑張っていますので、これからもよろしくお願いします。
という言葉がありました。

モチロン、たとえ負けが込んでくることがあっても、我々も全力で背中を押し続けますよ!

One Soul!(^o^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿