2012年5月18日金曜日

勝ち点を積んでいこう!

今日のNHK長野の「イブニング信州」で、NHKサッカー解説の小島さんがこれまでの山雅の闘いっぷりを分析してくれました。(^_^)
色々な角度から説明してくれたんですが、第2節までは躓いたものの、段々と調子を上げてきて第8節の熊本戦からは僅か2失点。これはこれでスゴイ事なんだと話してくれました。

その中での注目は、ボランチの喜山選手。コンビを組んでいる小松選手とともに、相手にボールが渡るとしつこくプレスを掛けて攻撃の芽を摘む動きが素晴らしい…とのことで、今の山雅はFW陣まで含めて徹底的なディフェンスが功を奏して、失点数が少なくなっている事を挙げられていました。
で、やっぱり守備の要となっているのは、最終ラインでゴールを護る"絶対守護神"野澤選手の存在。彼の豊富な経験をもとに、試合開始前の円陣でも試合中でも各選手に声を掛け続けて、ある意味選手全員が安心してプレーできる雰囲気を作っている…それだけでも存在価値は大きいのに、その上でのスーパーセーブを繰り返してくれるのは、本当に素晴らしい事だそうです。(^_^)

4月から、4勝1敗2分けで現在13位。
山雅が今後もこの勢いをキープして行くためには、夏場の体力面や累積カードの関係でベストメンバーで試合が出来ない場合も考えると、全員が先発メンバーで出られるような、そんな状態を保ち続けられるかどうか、という所がポイントになる…という事でした。

シッカリとした守備で失点こそ抑えているものの、上位へ登っていくためには得点力が欠かせない(上位チームが得点数2ケタなのに対して、山雅はまだ1ケタ…)とも言っていて、それさえ充実していけば、J1昇格を懸けたプレーオフの6位以内まで、勝ち点差はわずかに7…という所を強調してコーナーは終わりました。(^_^;)(そんなこと言われちゃうと、ついつい"その気"になってしまうじゃないかぁ…(^。^;))



「夢は夢で終わらせないで、夢は見続けることで現実になる」なんて言葉があったような無かったような。(笑) けど、可能性を諦めない、という気持ちがあってこそこのJ2のステージへ昇ってきた訳だし、この先だって可能性があればJ1への昇格への気持ちを持ち続ける…それこそが山雅を応援する気持ちの原動力だと思います。(^_^) そして選手の皆さんには、当然すぎる言葉ですが「試合への集中を途切らさない」事が大事なんだと、改めて思いました。
というのは、今日BS1で放送された「スポーツドキュメンタリー"復活!マンチェスター・シティ〜34年目の覚醒〜"」(2011年11月の再放送)という番組を観たからです。(^_^)
サポーターからの視点で描かれていて、なかなか見応えのある内容でした。マンC山雅が同列とは思っていませんが、チームを愛するサポーターの気持ちは通じるところがあり、負けが込んでいてもどんな困難な状況でもチームを信じ続けること…この辺は日本でもイングランドでも同じなんだなぁ、と。
フーリガンみたいになりたく無いけれど、One Soulの気持ちはかの国でも同じなんだなぁと思った次第です。
我らが山雅は、勝ち点を地道にでも積み上げて、より上の順位を、そして運が良ければ昇格プレーオフに入れるくらいの順位に登れる様、頑張って貰いたいですね。(^^)

2 件のコメント:

  1. そういえばイブニング信州の中で、松本山雅のここまでの対戦成績紹介に間違いがありました。
    なんと開幕戦の相手【東京】と書いてあった隣には、【FC東京】のエンブレム!
    子供が見つけて騒いでいました(笑)

    日曜日、またよろしくお願いします^^

    返信削除
    返信
    1. hossy0520さん、こんばんわ。
      コメントありがとうございます。m(_ _)m

      いやぁ、見逃していました!(って言いますか、よくぞそこまで細かく観てらっしゃったんですね(^_^;))
      またこちらこそ、日曜日にヨロシクお願いします。(^^)/

      削除