2012年6月9日土曜日

してやられました

J2第18節、大分トリニータ戦は山雅仲間のU氏宅にてスカパー!爆念観戦となりました… が、私たちの願いも空しく、あのデカモリシ=森島選手に2点も決められてしまいました。(T-T)

1失点目は、まず相手のサイド攻撃をシッカリ止められなかった事と、ゴール前へ上がったボールを飯田選手が見失ってしまい、見事にボールを足下へ収めた森島選手が、見事なシュートで野澤選手の足下を抜いた事でした。(-_-;)
その後、山雅も何度かチャンスを掴みかけたものの、ポストに弾かれたりキーパー正面だったり決めきれないまま前半終了。

後半に入って一進一退、同じ3-4-3のシステムを持つチーム同士でなかなか相手を崩せず。また何度かのCKからの山雅攻撃が上手く行かないまま終了間際、喜山選手が相手FWが詰めてきたシーンで堪らず野澤選手へバックパス、それで手を使えない野澤選手は足でスイープしようとするも、森島選手が迫ってきたせいか空振りしてしまい、そのまま飛びつくもキレイにゴールを決められてしまいました。(´д`)(あれがもう少しタイミング早く横っ飛びしていれば失点にはならなかったかも… な〜んていう"たら・れば"を言っても仕方のない事ですね(^^;))

今回のトピックは、新加入のユン選手小松選手の代わりにボランチで入った事と、野澤選手の「J2通算200試合」という事でしたが、その記念すべき試合を勝利で飾れなかったのはとても残念でした。
大分まで遠征された山雅サポの皆さん、今日はTV画面で見る限り4〜50人と言ったところでしょうか。本当にお疲れ様でした。敗戦のショックもあるでしょうけど土曜日でもあるし、ゆっくりとご帰宅下さい。m(_ _)m
観戦し終わってU氏とあれこれ喋りましたが、結局のところ「我々山雅は最後尾からのスタート。これまでが出来すぎ君だったわけで、まだシーズン折り返し点手前だし、何度も顔を洗い直して出直してくれれば…」という事に。(^_^;)

さて、週が明ければすぐ水曜に第19節vsアビスパ福岡戦が迫ってきます。
我らは常に挑戦者。
One Soulで対戦相手に全力でぶつかって行くのみです!(^o^)/

負けるな!松本山雅!!


6月11日追記:
2失点目に繋がったバックパスをしてしまった選手、正しくは玉林選手ではなく喜山選手でした。
失敗した事を何度も突つききたくは無いですが、訂正しておきます。m(_ _)m

2 件のコメント:

  1. いやぁ〜、残念でしたね。
    わずかなチャンスを逃さず、決められる森島選手に拍手です。

    負けた気分は、夜の男子バレーボールの勝利で吹っ飛びました(^_^;)

    返信削除
    返信
    1. 臼井公務店さん、お早うございます。
      コメントありがとうございます。m(_ _)m
      昨日はお邪魔致しました。そのうえあの様なイイモノまで戴いてしまって…(^_^;)ゞ

      2点共に、単純な守備のミスが重なっての失点なんですが、えてしてそういう事で決まるのがサッカーですよね。
      さらにはその"美味しい所"へ詰めている森島選手の"嗅覚"が結果を招き寄せている訳で、山雅の選手にも「なぜそこで詰めていないんだぁ!?」というシーンが数多…。(^^;)
      そここそが「攻撃力」「得点力」になる訳なので、反町監督の言う「うちは実力的にはボトム3に入る戦力…」というのはまさにその部分です。よりトレーニングを積んで、その辺の"得点への嗅覚"を磨いて欲しい所です。

      削除