2012年6月14日木曜日

悔しい引き分け

試合には色々な結果がありますが、昨夜の山雅vs福岡戦は「悔しい」が付く引き分けだったと思います。甲府湘南京都のような「何とかドローで良かった」という結果とは違う、何かモヤモヤと消化不良の様な…いや違う、「何でソコで!?」という様な悔しさが大きく残った試合でした。
詳しい内容はこちらのサイトで。
J's GOAL 試合結果
J's GOAL 反町監督記者会見コメント

思い返してみれば去年の8月31日、JFL琉球戦以来のアルウィンナイトゲーム。久々の照明に浮き上がった芝生がとても美しく、気持ちも昂ぶりました。これも芝生を管理していらっしゃるトイボックススタッフの日々の努力のお陰です。今年からハーフタイムにも芝の手入れをしているし、試合終了後もボランティア(サポを含む)の皆さんが手入れをしていただいている事を、忘れない様にしたいものです。(^_^)
この日は平日。観客の出足が懸念されていたものの、"エプソンデー"と銘打った企画があり、先日デビューのガンズ君に加えてアルクマ君アルウィンへ来てくれました。

試合前イベントの撮影会
ガンズ君をいじる有田選手村瀬選手
試合前にアルウィン一周するアルクマ君ガンス君
アビスパサポの皆さん、遠いところようこそアルウィンへ!

アビスパサポさんは予想より大幅に少なく、ざっと見積もっても2〜30人くらいでしょうか。平日+松本までの距離を考えれば当然ですが、今までのホーム対戦相手の迫力とは随分違って、拍子抜け(失礼)する感じもありました。(^^;)

試合開始前、入場が終わったところで野澤選手J2出場200試合(前節のvs大分戦で達成)の花束贈呈が行われました。公式サイトで事前に「プレゼンターに注目!」と書かれていたんですが、怪我で戦線離脱中の弦巻選手でした。早く良くなって、また縦横無尽に走り回って下さい。(^^)
キーパーユニ(サブ)を着て花束贈呈(^_^)

さて試合開始。

開始早々の8分に、FW塩沢選手が待望のゴール!\(^O^)/
左にいる木島徹選手からのパスを胸トラップ、すかさずゴール左隅へ!
(ピントが外れてしまった(^^;))
船山選手のFK

前半の早い時点で得点すると…というヘンな自分内ジンクスが頭をよぎりましたが、振り払って見守っていると15分、相手のFWプレスにやや慌てた多々良選手が、野澤選手へ託す様なヘディング。それがポジショニングが合わずオウンゴールとなってしまいました。(-_-;)ボールを持った野澤選手多々良選手の頭を「ドンマイ!」という感じにポンポンと叩いて、センターサークルへ。これについては言い訳の仕様もないでしょうけど、DF陣がもう少しシッカリしていれば勝てた試合(相手の福岡の動きがイマイチ)だっただけに、悔しい事になりました。

そして後半の25分、ドリブルでペナルティエリアへ持ち込んだ木島徹選手の顔に相手DFのヒジが…。これでPKをゲットした木島徹選手、ゆっくりと落ち着いたモーションでゴール左へ流し込んで同点に!\(^O^)/
一瞬、去年のPK失敗が頭をよぎってしまいました(^_^;)
久木田選手、惜しい!
大橋選手も惜しくもバーの上(^^;)
終了ホイッスルの後
走り回ってしゃがみ込む山雅戦士
後半もポゼッションは上回るものの、なかなか相手ゴールを割れずに試合終了。(´д`)
2失点目の相手ロングシュートは、野澤選手が比較的前寄りにポジショニングする事を研究されていて、そのうえ北寄りの風が加わってボールが延びてしまい、ストンと決められてしまいました。これも悔しさを倍増させる一つだった訳で。(-_-;)

お疲れ様でした!

次のガイナーレ鳥取戦も、中3日の厳しいスケジュールです。この悔しさを糧に、「野澤が悪い、多々良が悪いわけではなく、チーム全体の問題。いい薬になったことは間違いない…」という反町監督の言葉どおり、シッカリ修正してアウェイに乗り込んで貰いたいですね。ましてや今度の相手は、去年志し半ばで山雅を去る事になった吉澤監督率いるチーム。
順位的には低迷していますが、決して侮る事なく全力でぶつかる事が最大限の敬意の表現です。我々サポも、行ける人行けない人全てがOne Soulで後押しします!


ところでアルウィンまでの道すがら、試合のある日は道沿いの家々に山雅ミニフラッグが掲げられる様になってきました。(^^)
空港人さん名付けて「アルウィン街道」(^_^)
特に左側の「あかはね医院」さんは、「+3」というゲーフラや、山雅スローガンが書かれた中旗まで掲げていらっしゃいます。良いですね、こういうのも地域密着の一つです。(^_^)

0 件のコメント:

コメントを投稿