2012年8月30日木曜日

ハードワーク

現在の山雅の順位は13位。開幕当初にサポの皆さんが予想していたのより、かなり良い位置に居ると思います。で、今日の信毎17面の月イチ山雅特集面に載っていた反町監督の記事に目がとまりました。(^^)
曰く…
(ロンドン五輪で)日本は0-2で韓国に負けた3位決定戦でもボール支配率(56%)で上回った。しかし、1次リーグで敗退した北京五輪も3試合とも支配率は高かったし、シュート数も多かった。ポゼッションだけにこだわる必要はないーと、考え方が変わったという意味で北京五輪の経験は大きかった。
(北京五輪の監督だった事は言わずもがな)なるほど、そこに反さんの考えのターニングポイントがあった訳ですね。(^。^)
(今回の北京五輪で)ハードワークも日本の大きな武器だった。ボールを奪われても2度追い、3度追いし、奪い返したら素早く攻める形がはまった。スペインやブラジルにハードワークという言葉があるのかは分からないが、日本では11人全員がハードワークしなければならないという考え方がスタンダードになっている。Jリーグの監督たちもハードワークという言葉を口にし、それができない選手は才能があっても淘汰される。日本の躍進は、前線からのハードワーク、攻撃時の中盤の構成力、グループ戦術といった特長をフルに発揮できたことに尽きると思う。
ハードワークは、われわれ松本山雅FCのキーワードでもある。技量差を埋めるには百二十パーセントの力を出さないと戦えないのは当たり前のことで、選手たちには相手より1メートル前に出ろ、1秒早く動きだせと言っている。今季はまだ同じ相手に連敗していない。相手にしてみれば、J2の中でわれわれが一番嫌なチームだと思う。松本山雅の武器として、さらに突き詰めていきたい。
有り難いですねぇ…(^_^)

実際の試合でも、山雅の持ち味となってきている"前線へのロングボールからの速攻"で、相手よりより速く走ってボールをキープ、パスを繋いで相手ゴールへ迫る…という闘い方が出来るのは、そうしたハードワークの結果な訳で。(この攻撃パターンを、"縦ポン"という言葉であたかも「稚拙な攻撃」と暗に言う傾向がありますが、私はこれも立派な戦略・攻撃パターンだと思っています)
上記の言葉の中で「それができない選手は才能があっても淘汰される」とありますが、富山戦でゴールを挙げたスビン選手が、次の熊本戦では出場機会無しでした。試合後の記者会見で「トレーニングでいい加減なプレーばかりしていたので…」と言っていますし、これも"淘汰された結果"なんでしょうね。(^^;)

これだけの考えで以て、我が松本山雅を強化し、充分にJで戦えるチームに育てつつある反町監督、そしてエルシオコーチを始めとする各コーチ… 感謝の言葉もありません。m(_ _)m

春先のキャンプから続けてきた、フィジカルトレーニングの成果が出始めたのは5月位からだった様に思うし、夏場になってもほぼ、そのパフォーマンスは維持できている様な感じです。それでも選手たちも生身の人間、日によって、週によって調子の善し悪しがある物。それだけに采配する監督という仕事は大変なことなんだなぁ…とあらためて思います。(^^;)
6月にユン選手スビン選手が加わり、7月8月で内外から新たな戦力を加えて大所帯になった松本山雅。監督の記者会見の言葉に「選手間の競争をしっかりしないといけない。途中から入ってきている選手はある意味失うものがない…」とある様に、新たなメンバーがもたらす"競争"とか"刺激"が良い方向へ向けられる様に、首脳陣が上手くコントロールしてくれれば、10位以内も夢ではなく、ややもすればプレーオフ圏内に滑り込む事も不可能では無い様にも感じます。勿論、J1年目でJ1への昇格など夢のまた夢、逆にそんなに急がず、来年までじっくり時間を掛けて地力を付けてからチャレンジしても充分だと思っていますけどね。

何たって、今のアルウィンを取り巻く状況でJ1へなんて、とてもじゃないけど無理な話だと思います。(^_^;)(違法駐車問題とか待機列の事、アルウィン周辺での飲食物販売など、解決しなくちゃいけない問題が山積)
でも先日のBSスカパー!「フットボールクラッキ/松本山雅が愛される理由」の中で取り上げられていた、クラブの歴史とともに進展してきた地元に根ざした運営のあり方とか、ファン・サポーターの関わり方とか、似た様な地域密着型の先輩プロビンチャクラブである山形甲府を参考に、地に足の付いた進み方をしていけば、案外この松本山雅は「Jリーグクラブの新しいスタンダードモデル」になり得るのかな…なんて事も考えたり。(^。^)


そんな事を考えつつ、週末のvs草津戦まであと3日。前節の福岡戦で試された先発メンバーにどんな変化が現れるのか、はたまた新加入選手のベンチ入りはどの様な感じなのか、新しい血を加えての松本山雅
毎度毎度繰り返しになりますが、我々サポもOne Soulで応援します!(^O^)/

2 件のコメント:

  1. ユニは32、体型はガンズ君2012年8月30日 18:40

    こんばんは
    う~ん、J1の世界を覗いてみたい気もしますが、やはり
    もっと環境を整えてからの方がいいでしょうね
    上がってすぐに落ちたり、山雅の評判が下がっては元も
    こもないですからね

    ただ、勝つ=昇格の可能性有りだからややこしいなぁ、、

    とにかく日曜日の草津戦は絶対に勝ちましょう!
    (昨日亮昌に顔だけ出してきましたが我々も自制すべき
    とこはして更に良い関係を築いていきたいと思っております)

    返信削除
    返信
    1. ユニは32、体型は…さんこんばんわ。コメントありがとうございます。m(_ _)m
      (ハンドルネーム、お決めに成られたんですね?(^^))

      私はチームそのものよりも、周囲の環境(スタジアム周りの事とか、サポの事や色々)が追いついて行けるのかなぁ…? という部分での不安があります。
      昇格の可能性については、今日のFM番組で飯田選手が喋っていましたが、プレーオフ圏内に入れればその時はその時…みたいなニュアンスの事を言っていました。反町さんの記者会見でも「天皇杯で優勝…」という言葉が出てきますが、あながち狙っても居る様な(?)所があるのかな、と。可能性としてはゼロではないし、案外そこまで狙えるポテンシャルが溜まりつつあるのかな?なんてお気楽に考えてしまいます。そこまで行けば行ったで、サポとしては嬉しいんですけどね。(笑)
      (亮昌の件、ご足労戴きありがとうございました(_ _))

      削除