2012年10月29日月曜日

栃木遠征 むしろサッパリ

昨日のアウェイ栃木戦、参戦してきました。
朝9時に合庁を出発、途中で仲間をピックアップして、大声では言えないスピードで順調に東へ東へ… 佐野の辺りから霧雨のような感じでしたが、12時前に宇都宮へ着きました。
折角だから、とスタジアムへは行かず餃子店を求めて宇都宮市内へ。(^_^) 車載のナビは、アップデートをサボっていて5年前のものなので頼りにならず、スマホの検索からピックアップしてめぼしい店を目指しました。

日曜とあって、さらに宇都宮大学とかのオープンキャンパス(かな?)も重なってか、市内は結構な渋滞。(^^;)それでも1軒目に目指した「正嗣 鶴田店」にたどり着いてみると、駐車場は満杯、店内は順番待ちの客が沢山並んでいる状態で即諦め、次の候補店へ向かいました。(^_^;)
次の店も同じ「正祠」の戸祭店。移動途中に「松本楼」という店があり、外から見た店内は暗く、何となくやっていなさそうだったので素通りしたんですが、後でスタグルに出店していたと知って納得でした。「正祠 戸祭店」は駐車場も広く、店の入口にも10人くらいの列だったし、腹も減ってきていたので迷わず並びました。15分ばかりで座る事ができ、座る前にオバチャンへ注文した水餃子と焼餃子を待ちます。メニューは「焼餃子」「水餃子」「冷凍餃子」(これはお持ち帰り用)の3つだけというシンプルさ。店員は全員オバチャンで、てきぱきと切り盛りしているところが好印象ですね。(^^)

正嗣 戸祭店
店内 テキパキと注文をこなすオバチャンたち(^^)


やや待ってまず焼餃子から出てきました。1人前で6個、これで210円というんだから超リーズナブル。(^。^)
焼きたては猫舌の私にはちょっと辛かったんですが、一口かじるとジューシーなアンが顔を出して、これといってニンニクorニラ系の臭みは無く、キャベツの食感と相まって美味しくいただきました。
焼餃子 期待していた"羽根"は思ったより小さかった(^_^;)


続いて水餃子、こちらも6個入り。スープに泳いだ餃子がなまめかしく(?笑)、自分で醤油などを足して味付けして下さい…とのことで、私はシンプルに醤油だけ垂らして、これも美味しくいただきました。
餃子+スープという超シンプルさ(^^)

お腹も満たされて、そうしている内に雨も本降りっぽくなってきたので、コンビニに寄って傘等を購入。競輪場通りを使ってグリスタへ向かいましたが、市内は相変わらず渋滞。しかしこうした都市の中に競輪場が有る…っていうのもある意味、不思議な感覚。(何たって長野県内には公営ギャンブルの施設はありませんから)
グリスタまでは約30分以上掛かったんですが、開門までは2時間以上あるし、のんびり行けばいいや…と向かいました。(^_^)


スタの待機列は50メートル程でした。ここの駐車場、歩いて15分ばかりのキヤノンさんの社員用駐車場が利用できるんですが、これが荷物を持って歩くと結構な距離。(^^;) 雨の中という事もあって、シャトルバスの存在に気付かず歩いてしまい、ようやく着いた待機列に並びました。
列の中には別の山雅仲間も居て、そのIさんはグリスタ隣接の会場で開かれていた「グルメW杯」の方へ行ったとのこと。なんでも1000円のチケットを購入して、それで各グルメを味わい、良いと思ったものに投票する…という事でした。当然、地元の宇都宮餃子の出展もあって、上に書いた「松本楼」も出ていたとのこと。店主さん曰く「対戦相手が松本山雅という事で、志願して出店当番にしてもらった」とのことでした。(^_^)


開門前にトイレ利用で中へ入れたんで、スタジアムの状況を偵察。ゴール裏は段差の少ない階段状で、手すりだけのいわゆる"立ち席"。跳ねやすいという感じではありますが、段差が少ないので観戦的にはどうなんでしょう。でも球技専用という事で、ピッチとの近さはアルウィン並み…いや、高低差が無いのでもっと近いという感ですね。(^。^)(ここはサッカーとラグビー兼用とのことで、ゴール裏からの距離はややあります)
霧雨をじっと耐えるように待って居る内に、バスツアー組も続々到着。
5時になったのでいよいよ開門。手荷物検査を通ってチケットもぎりなんですが、手前で一定の人数ごとに区切って進ませていました。雨の夕刻という事もあったと思うんですが、登る階段もあって、急ぐあまりの転倒防止ということもあったんでしょうかね。
スタへ入ってゴール裏の後段やや上、見渡しの良い場所へ陣取りあらためてスタを眺めると、霧雨にけむったピッチが幻想的。(^_^;)

霧雨は止まず(-_-;)
手前のサポの色が紫色っぽいのは、オーロラビジョンの映像のせい


スタグルをチェックしにフードコートへ行ってみます。事前にチェックしておいた情報を基に「一枚岩チキン」をGet。(^_^)v

"一枚岩チキン"
一枚岩というのは栃木SCさんのスローガンのようです

雨宿りできるベンチがあったので、早速かじってみました。かなりの大きさで、ビールが欲しくなる程では無い、ほどよい薄味ですが、それでもご飯が欲しくなる感じ…とでも言ったら良いのかな。(^。^) 山賊焼きとは違う、また普通の唐揚げとも違う感じでしたが、昼の餃子が結構ボリュームあったので、半分ほどパクついて終わりにしました。
スタジアムは相変わらず霧雨の中…(-_-;)


このままではイカンと、決起集会にも参加して、気持ちを盛り上げます。(^o^)/
入場通路の半分を使って
勝つぜ!(^O^)ノ

選手入場の挨拶のあと、「雷鳥は頂を…」の大ダンマクをサポの上で広げるパフォもやりました。
岐阜サポさんがやったみたいな、ね(^^)


さて試合内容は2-3の敗戦…

「雨のアウェイの中、選手達はよく頑張って闘ってくれました」のひと言です。
開始早々の失点は、飯尾選手が滑ってしまってマークが外れ、教科書通りにミゴトにやられた感じ。で、何度もあった好機をモノにして塩沢選手船山選手で2点を返しましたが、試合をひっくり返すにはふた息足りずの結果でした。失点したのは開始直後・得点直後・交代直後というスキが発生しやすい時に決められた…という感じ。でもこの事はシーズン終わりまでの2戦、そして来季への課題の1つとして生かしていってくれる事は、反町監督のことだからすでに課題リストに組み込まれているんでしょう。
後半終了間際、ピッチサイドでビブス姿の渡辺選手が、ボールボーイよりも早くボールを返し、熱く声かけをしていたのが印象に残りました。(^_^)

山雅仲間・I氏のYouTube動画です。得点1点目、塩沢選手のGOAL。

もういっこ。船山選手のミドル得点!(^^)v
このFKの前に、蹴る鐵戸選手が船山選手へ駆け寄って、ひとこと言ったことがシュートに繋がったんですね。シビれます。(^_^)
Powerd by hossy2012yamaga

お疲れでした!(^_^人)


試合内容の詳しくは以下をご参照。





これで山雅のPO参加は無くなりましたが、ある意味、私たちサポに夢を見させてくれて、昇格1年目でここまでできたんだ!という自信を我々にも持たせてくれた。そんな山雅を応援している事がこの上なく幸せだし、その山雅を介して知り合えた仲間達にも感謝しています。
反町監督記者会見の言葉にある「我々の最初の目標はJ2の舞台でまず生き残ること。そこそこ力が付いてきて、目標を修正して、まず上位へくい込む。(次に)一ケタ順位を目指す。最初の1ページ目に入ろうということで…」と、だんだんと目標を上へ上へとあげてきたという事ですね。その結果、POに関われるか…という段階まで来れたことをまず素直に歓びたいと思います。
「イイ夢を見させてくれた」感でむしろサッパリしてます。(^。^)

スタジアムを後にして駐車場までの間、前を歩く栃木サポさんグループの「今度は松本へも行ってみるか…」という会話に「ゼヒどうぞ」とつぶやいたものの、雨の中で聞こえなかった感じ。(^^;)
今回行ってみて意外と近い事を実感し、来季また同じJ2の舞台で闘うならば、ゼヒ松本を体験して、アルウィンも堪能していって下さい。(^_^) そうやって、お互いの地元へいくばくかのお金を落とすことも、Jチームが地元に在る経済効果になる訳ですから。



今年は残すところあと2試合で、対戦するチームはどちらも6位以内。ここで山雅が暴れまくってこの上位チームを翻弄し、順位も乱して混戦のJ2を最後までかき回して貰いたい…そんな思いがどんどん膨らみます。次節の千葉戦は松本での爆念組ですが、ホーム最終戦では力を振り絞って、「山雅劇場2012」のフィナーレを見届けたいと思います。


One Sou1!\(^O^)/

2 件のコメント:

  1. こんばんは
    栃木戦は生憎の天候の中お疲れ様でした

    訳あって亮昌にも参戦できず時折速報をチェックしてましたが、、、結果的には確かにサッパリって感じですね

    4日の千葉戦は偶然にも亮昌は営業しているらしく、とりあえず席は頼んでおきましたので良かったらご利用下さい(四人掛のテーブルかと思います)

    残り2連勝といきたいですね!

    返信削除
    返信
    1. 32ガンズさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。m(_ _)m

      4日は営業されていますか!
      ではお言葉に甘えてそちらへ参戦させて頂きます。(^。^)ノ

      あと2試合も思いっきり応援していきましょう!One Sou1!\(^O^)/

      削除