2012年11月23日金曜日

プレーオフ

大分J1昇格を勝ち取りましたね〜。(^。^)
先週山雅ファン感をやっていた時間帯に、J1昇格プレーオフの準決勝が行われていて、6位大分が3位の京都を破り、5位の千葉が4位の横浜を破るという結果となって今日、国立で決勝戦が行われました。
Twitterによると山雅サポも10人以上行っている感じで、何となくJ2の総決算”的な位置づけの試合でした。(^^)
私はTV(色々考えた結果、たっぷり見せてくれると思われるスカパー!を選択)で観戦だったんですが、両者譲らない攻防が続いて前半は0-0。後半も終わり頃までせめぎ合いが続き、このまま千葉が逃げ切るか…?と思った矢先、後半41分に大分林選手がオフサイドぎりぎりでスルリと抜け出し、GKと1:1になりながらミゴトなループで貴重な1点!(^o^)
あとはA.Tの5分も含めて、大分は必死の防戦vs巨神兵オーロイなど2人の選手を投入しての攻撃を展開した千葉でしたが、あえなくタイムアップという内容でした。

いや〜、色々な意味で魅せてくれた田坂大分のプレーでした。(^^)
しかしあれですね、世の中の「J1じゃなきゃ一流のサッカーじゃない…」みたいな考えを持った人が、この見応えのあるプレーオフ決勝を見て少しでも心動いたのなら、それだけでもある意味大成功だったんじゃないかな、と。何たってJ2の6位からJ1へ這い上がる事は、それだけポテンシャルも勢いも持っているチームな訳で。たとえJ2の6位でも、内なるポテンシャルはJ1でも充分やっていけると思うので、暴れて貰いたいものですね。J1の1年目で5位まで上がっている鳥栖の例を引くまでもなく、暴れられない事はない訳で。
スカパー!解説の野々村氏が、終了後に「最後は気持ちの差」というニュアンスで喋っていたんですが、試合前の記者会見でも田坂監督が「我々の方が追う立場としてアドバンテージがある」みたいな事を言っていたし、地元・選手・サポーターの「必ず昇格を勝ち取るぞ!」という気持ちが合わさった、“三位一体”で勝ち取った昇格なのではないかな、と思います。(^_^)
(※イタリア語の“三位一体”を表すTrinitaからチーム名が来ている)


翻って山雅のことを考えると、地方の後発チーム=プロビンチャとして、地元・クラブ・選手、そしてサポーターが一丸となる…という図式はほぼ同じだし、最後尾からスタートして今季12位まで勝ち上がった実力を持ってすれば、来季のプレーオフに参加できる素地は充分なほどに在ると思います。
でもしかし、まかり間違ってP.Oで昇格してしまうとチーム内的にギクシャクしてしまう事も無くは無いでしょうから、地道に力を付けて、確実に勝ち点を重ねて、地元としてもクラブハウスとか練習施設などをシッカリ整備して、まさに“名実共に”の状態で上のステージへ上がる様にしないと、難しい事になりはしまいか… なんて、余計な心配をしています。(笑)



ということで、来季こそはフクアリへ行って「喜作」のウインナーを食らうことと、落ちてくる札幌+2チームをアルウィンへ迎える事が、オフシーズンを乗り切る目下のモチベーションになっている訳です。(笑)

2 件のコメント:

  1. こんばんは
    POはホーム最終戦を戦った事と、モリシマが船山の子供に話しかけてた事が好印象だった為w、大分を応援してました

    千葉がゴール前のヘディングを外した時にひょっとして一発チャンスがくるかな?と思ったらやってくれました

    千葉さん来年も宜しく。できればフクアリも行ってみたい。。
    といったとこでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 32ガンズさん、こんばんわ。
      コメントありがとうございます。(^^)/

      魅せてくれましたね〜。モリシは今ひとつチャンスに絡めませんでしたが、他の選手も頑張った結果だと思います。
      フクアリ、ゼヒ行きましょう!(^。^)

      削除