2013年1月26日土曜日

YO-YO TEST

山雅の御殿場キャンプも今日3日目に入り、新聞にも載っていましたが昨日は「YO-YOテスト」が行われたようですね。(^_^)
記事に依れば「Jリーガーの平均値は800〜900メートル。昨年の1次キャンプで1千メートルを超えた選手は2人だけだったが、この日はフィールドプレーヤーの半数が1千メートルを超えるなど、この1年間でチーム全体の走力がアップしたことを示した…」とあります。
チーム全体とは言っても、既存選手はその半分。その残留選手が良い値を出したのは当然でしょうけど、新加入選手もポテンシャルが高いという証でもあると思います。(実際、札幌から来た岩沼選手は、松本でも毎朝ランニングしている様ですし(^^))
新聞記事にも「尹誠悦(ユン・ソンヨル)が1360メートルの最高値を出し、新卒選手では中村(中京大)と和田(大阪・興国高)が1080メートルをマークした…」とあります。25日掲載記事の写真にも長沢選手と競る中村選手の姿があり、頑張っている様子が見て取れます。
ワタシ的にはこの中村選手、重戦車っぽいパフォーマンスで、鐵戸選手を追う様な感じに育ってくれそうな感じがありますが、さてどうなっていくでしょうか。(^_^)

ところでこの記事にある「高校の試験が重なった宮下(創造学園高)と、村瀬有田を除いた…」の部分ですが、Twitterに流れている話では久富選手が移籍した藤枝MYFCへのレンタル移籍という話があるようです。村瀬選手有田選手!2012シーズンはTMでしかプレーする姿を見られませんでしたが、JFLで出場経験を積んで(修行して)逞しくなって戻ってきて下さい!(^^)/


ちょっとこの「YO-YOテスト」についてググってみましたら、こんなサイトが見つかりました。

画像元:S&Cスポーツ科学計測テクノロジー
画像はブンデスリーガ(?)のどこかのチームでしょうか(^^)

S&Cスポーツ科学計測テクノロジー/持久力テスト
読んでみると、詳しい内容が解ります。

サブタイトルに
持久力測定のスタンダード
スポーツでは競技・種目によって必要な持久力は異なります。
休み無く長い距離を走る全身持久力。
動きの中で短い休息が含まれる間欠性持久力。
短い休息でスピードを回復させる間欠性回復力。
と書いてあります。(^_^)

説明には
シグナル音に合わせて20mの往復走を繰り返す、持久力測定のテストです。連続で走り続けるテストのみでなく、1往復ごとに休息を設けてより競技に近い持久力を測定するテストを選ぶ事もできます。
レベルが上がるにつれてシグナル音の間隔が短くなっていき、音に遅れることなくゴールできた回数で評価します。「簡単に」「短時間で」「多人数を同時に」テストを行うことが出来るため、日本国内でもサッカーを中心に、広く導入されています
とありますね。ふぅーむ、キツそ〜!(^_^;)

もちろんJリーグの他のチームでもやっているんでしょうけど、山雅はどのチームにも負けない値を出しているからこそ、90分間でも走り負けないフィジカルを身につけていた…という事でしょうね。御殿場キャンプ、さらには鹿児島キャンプが終わる頃にはそのテスト結果もより良くなってくれるでしょう。
反町監督は「今年は攻撃面も重視したトレーニングに…」みたいな事を言っていますし、よりアグレッシブで我々サポをワクワクさせてくれる様な、そんなチームに変貌してくれることを祈っています。(^_^)/

気持ちはもちろん、One Soul!〜山雅スタイルへの挑戦〜
我々サポも挑戦して行きましょう!\(^O^)/

1 件のコメント:

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除