2013年2月27日水曜日

RESPECT-201302

ようやく我が手にも2013年のシーパスが届き、開幕戦まで残すところ4日と迫って来ました。 ガンズ会員証は昨日発送のようでまだ届きませんが、届けばワンタッチパスでアウェイでもポイントが貰えます。そのアウェイ開幕戦、栃木の3月3日の天気予報は…と調べてみると、晴れ時々曇り/最低気温−1度/最高気温7度、ということで今日の松本より日中はやや温かい位でしょうかね。できれば風の穏やかなイイ天気の中で、開幕戦で勝利を掴みたいモノです。(^_^)

安曇野市には土曜日に届いたのに、松本は火曜でした
デザインも明るくなって、イイ感じです(^_^)
月曜日にはちょっと時間が空いたので、FBCへ練見に…
前日に甲府名古屋とのTMで良い感じの引き分けだったので、明るい陽射し(でも風は冷たかったですが)のなか、選手たちは充実した感じで練習に励んでいました。(キックオフイベントに風邪気味で欠席した鐵戸選手は、別メニューではあるものの元気にダッシュを繰り返していました)
このグループでは反さん直々でボール廻しゲーム(^^)

そして今日、信濃毎日新聞に月イチ連載の反町監督コラム「RESPECT」。 またちょっとその中から拾ってみます。
良い準備はできている。だからこそ今年に懸ける思いは強い。…中略…
昨年の開幕前は正直不安もあった。しかし今年はチーム内に確固たるものが生まれ始めている
はたから見れば抽象的で曖昧なものかもしれないが私自身は勝つためにやるべきことをやってきたつもりであり、最終的にチーム力の差につながると信じている…
去年はキャンプこそしっかりやれたでしょうけど、まだ監督と選手との間に確固とした信頼とでも言うんでしょうか、“繋がり”が無かったと思うし、2012シーズンにやってきた「土台」として、選手の約半数を入れ替えたものの残っている選手たちにはシッカリ浸透している“反町イズム”が、新加入選手に浸透していって、良い感じでの「化学反応」が出てくれば… 今年の開幕戦は期待できる気がしますね。(^_^)

昨年の得点シーンは偶発的なものや、セットプレーがほとんどだった。だが24日にJ1名古屋と行った練習試合で挙げた2得点のように、今年は意図的に崩すことができて、戦術的な浸透度も高まっている。
選手層も厚みを増した。各ポジションに同じような力を持った選手が複数いる。昨年のような我慢はせず、どんどん入れ替えていくつもりだ…
良いですねぇ…得点力+控え選手の充実。これこそ、より上を狙っていく基盤になるという事でしょう。去年(もう一昨年か…)の就任記者会見での言葉「基礎(土台)から造り上げていって…」と言っていた事がコレなんでしょうね。(^_^)

私自身は昨年の順位(12位)よりも上を目指し、最後まで上位争いに加わっていたいと考えている。
さらには松本山雅と同じ地方クラブでありながら着々と力をつけている岡山や栃木、徳島よりも上位にいきたい。松本山雅にはクラブとしての勢いがある。その勢いをどう生かすかが鍵になるだろう。
なるほど、クラブの勢いですか。そこには当然、会社・選手・スポンサーそしてファン・サポーターの力というものも含まれる訳です。 振られましたね、我々サポに。(^_^) 黙っていても山雅を後押しする山雅サポですが、反町監督からそういう感じに言われると、ますます頑張って応援しちゃいます。\(^O^)/

フランス語に「ノブレス・オブリージュ」という言葉がある。「特権的な地位には相応の義務が伴う」という意味であり、財産や権力、社会的地位を持つ者は、それを還元する責任があることを指している。
スポンサーやサポーターの支援を受け、注目されているわれわれは地域に貢献する使命がある。サッカーを通じて松本市民を元気づけたり、スポーツ振興を目指していかなかればならない。見ている人を勇気づけるためにも、勝利を目指すことはもちろん、魅力的な試合をする必要がある
お〜、ノブレス・オブリージュ… 戦中戦後の日本を陰から支えた白州次郎氏も、同じ言葉を言っていました。「権利に伴う義務」とでも言えばいいのか、山雅も地域(ホームタウン)への“お返し”を当然意識して、様々な活動をやっている訳です。反町監督山雅松本市だけではなく塩尻市安曇野市山形村を加えて松本平へホームタウンを広げましたので、お判りにはなっていると思いますけど…(^^))
2013オフィシャルイヤーブックの表紙
オトコマエ度120%ですね〜!(^。^)

地域やサポーターからの声援に応えて、今年も魅力的な試合を、そしてその結果としての勝利、より上の順位を目指して、チーム全力で闘っていって下さい!
その力が試される開幕戦、vs栃木の試合は今週末。
  One Sou1で闘い抜くぞ!!\(^O^)/

4 件のコメント:

  1. こんばんは、今季もRESPECT通信楽しみにしております。よろしくお願い申し上げます。
    ノーブルオブリゲーション著名でなくとも大金持ちでなくとも、私にできる社会貢献をささやかにやっていきたいです。

    返信削除
    返信
    1. パプリカさん、こんばんわ。
      コメントありがとうございます。m(_ _)m

      あ、はい。そう言っていただけるとやる気も倍増です。ありがとうございます。(^^;)ゞ

      そうですね、自分で出来る事を、小さな事でもいいので“やってやる”んではなく、求められてやるのではなく…
      例えばスタジアムでのダンマク張りや片付けを手伝うとか、そんな些細な事から「山雅を盛り上げる」「社会に還元していく」事に繋がっていく訳で。(^_^)
      今シーズンも頑張って行きましょう! One Soul!(^。^)/

      削除
  2. 時々お邪魔する横浜在住サポです
    長かった冬眠生活もやっと終わりますね
    くすぶりながらも前橋行ったりしてましたが・・・

    ご意見をお伺いしたいのですが
    今期、監督4バックすると思いませんか?
    3で立ち上がると思いますが、状況で4を見据えているような・・・
    昨季では出来ません
    ボランチの運動量が足りませんから
    ロングフィードの出所が豊富な運動量を備えた底・底前・・・
    大橋君では走れないしs伊藤君にも少し期待したんですが
    2センターが安定した今期は・・・

    4・2・3・1
    というか 
    2/4/3/1

    流動システムをくむのではないかと?
    面白いです男前!

    古い年代には馴染みの有る
    WMシステムを現代に、男前流にアレンジし一本多いWをやりそうだと思うのは
    僕だけでしょうか? (大笑)

    三菱ダイヤモンドサッカー世代には松本山雅は当時をフラッシュバックするんです
    今シーズンもよろしくお願いします

    返信削除
    返信
    1. 匿名(横浜在住サポ)さん、お早うございます。
      コメントありがとうございます。m(_ _)m

      昨日のFM長野、木曜“echos”の山雅コーナーで反町監督のインタビューが流れて、その中で言っていたのが
      「3バックが基本だけれども、戦況や選手のコンディションによって、オプションとして4バックを使う時もある。それも後半戦以降になりそうだが…」
      と言っていました、仰る通り、状況次第での4バックもあり得る発言ですね。(^_^)
      実際、去年のアウェイ横浜戦でも後半で4バックを採用しましたし、チームの戦術として、武器として4バックを用意している感じです。
      「WMシステム」というのは迂闊にも知りませんが、オトコマエ監督は今年も期待してシーズンを迎えましょうか。

      今年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

      削除