2013年3月11日月曜日

第2節 愛媛戦

あの東日本大震災から2年目の今日、TVやラジオでは震災関連の事が取り上げられています。
復興まではまだまだ日にちが掛かるし、被災された人達の心にも大きな大きな爪痕が残っています。直接被害のなかった地域に住む私たちも、震災の何らかの影響を受けているし、逆にどんなに小さい事でも復興への手助けは不可能ではありません。
未だに行方不明のままの方も大勢居ます。“ずっと忘れない”事を心に刻み、これからも日々、それぞれの立ち位置で進んでいくしかありません。ご冥福をお祈りしています。

辛い日々の中で、一時でも日常を忘れさせてくれる“非日常”。そんな可能性を思い起こさせてくれる、昨日の愛媛ニンスタでの小さな出来事が書かれているブログを見つけました。
Football From EHIME「ある山雅サポとの交流
書かれている「日常と非日常」…被災地での日常は辛く大変な事だけど、それを僅かな時間でも良いので非日常で居られる時間。それを実現できる事の1つとしてサッカーがある…と信じたいです。

画像元:JFA

昨日は愛媛ニンスタでのJ2第2節、vs愛媛FCとの試合がありましたが、その前の時間、10時から1時間あまり、我らがアルウィンをピカピカにして開幕戦を迎えよう!と、山雅後援会主催の「第6回 日本一気持ちのいいスタジアム大作戦」に参加してきました。

久々に見るピッチは、丁度保護シートを外す作業の真っ最中。下に見える芝はまだ所々、茶色の部分もある状態ですがこれから1週間、だんだんと緑色を濃くして開幕戦を迎える事ができそうでした。(^_^)
客席に張り出されていた大作戦用ダンマクの「ぴかぴかのアルウィンで勝ち点をとりまくろう!」の寄せ書きが印象的でした。(^^)

作業員の皆さん、よろしくお願いしますよ!(^^)/
参加者は約220名とのことでした
作業は椅子の雑巾がけと落ち葉の収集。私は雑巾がけ班になって、おもにメインの椅子を拭きました。座面を拭くと椅子1つですぐに雑巾は真っ茶色に。それだけ土埃が舞っているんですね。(^_^;) 1時間ほどやっているとニワカに雨が激しく…丁度椅子拭きの作業もひととおり終わっていたので、主催者の判断で予定よりも早めに作業を終了しました。
UMコルリダ1名+太鼓の人も参加して、4ヶ月振りのアルウィンで「山雅コール」とチャントを唱いました。\(^O^)(ああ、早く開幕戦で唱いたい!笑)

3月12日追記:
「トラスタWeb」に集合写真が挙がっていましたので、転載させて頂きます。m(_ _)m
画像元:トラスタWeb


帰宅してTVの前に陣取り、いよいよvs愛媛戦の始まりです。
勝ってくれよぉ〜!と念を飛ばしながら見ていましたが、いつもの通り塩沢選手がポストになって船山北井両選手“2人の金狼”が走り回り、何度も相手ゴール前に迫るも決めきれず。(´д`) 一度なんか後半、船山選手がどフリーでボールを受けて、GKと一対一になりながら決められなかったシーンは「なんで決めないんだよ〜〜!!( ̄△ ̄)」と声を荒げてしまいました。(^^;)(前半のFKもバーに当たっちゃうし…(´・ω・`))
愛媛からも2本ばかりシュートを食らって、ポストやバーに救われたシーンもあったし、動けている割には決められないなぁ…という感じで一進一退の中、CKで岩沼選手が上げたボールを飯田選手がキッチリ決めて先制!\(^O^)/
この飯田選手のガンダムヘッド、新聞に依れば得点したのは実に去年の3月18日、vs北九州戦以来の1年ぶりGOALだったとか。(もっと入れている印象だったんですがね…(^_^;))

試合の詳しい内容はこちらを参照…
J's GOAL ゲームサマリー 試合データ 反町監督記者会見 選手コメント

ふむ…シロート目で見て「そこそこ走れていたかな…」と思っていたんですが、指揮官の意見は辛口でしたね。(^^;)
今日は我々が全体的に、本当によくないパフォーマンスだった。言い方を変えれば、よくないパフォーマンスで勝点1取れたことをよしとしなければならない…
みんな体が重たそうで、我々は走力があってはじめてチームが成り立つ。今日のように走力を含めて全体的に勝つ姿勢がないと、こういう我々にとってはぬるい試合になってしまった。そのぬるさが決定機でも決めてやる、という背中をしていなかったように思った…
そうかぁ、及第点を大幅に下回ったという事なんですね。逆に言えば、それだけのレベルを要求しているという事。反町監督、すでに走り始めから本気モードです。私たちサポもそれに付いていかなければ…(^^;)

試合前のミーティングでも、遠征や移動を理由にするなという話をしたが、それを言っている時点で理由にしているところがある。それはJのどのチームにもあるし、逆にホームでやればメリットになることもある。それは何とも言えないが、ただ、本当に強いチームは苛酷な環境もリカバーする力があるが、残念ながら我々にはその力がまだ足りない。もしかしたらオフ明けからもう少しきつくトレーニングをすればよかったかもしれないし、そのトレーニングのバランスもフィジカルコーチと話しながらやるべきかなと感じた。ただ今日は精神的にも球際で緩かった。我々のアルウィンなら、金を返せと言われてもおかしくない試合だった
山雅サポはそんな事は言わない筈ですけど、それくらいパフォーマンスが低かったと見ている訳ですね。ひょっとしたら、2日前の反さんの誕生日で、チームみんなで“水かけの儀式”をやったりしたことがユルさの元になったとか…いやいや、そんな事はプロの集団なんだから、あり得ないでしょうね。(^_^;)

それよりも、新聞に書かれていた「松本市内で練習場が確保できず、9日早朝に愛媛へ出発し、移動後の午後3時から松山市内で練習した…」という所が気になりました。こういう環境が不利、という所も“アウェイの洗礼”なんでしょうけど、山雅の専用練習場があれば…の思いは消えません。
監督は、上にも引用したとおりの苛立ちを隠さないで居るし、かりがねに建設予定の専用施設も、使える様になるのは再来年だそう。それまでこの不利な環境の中、どこまで昇っていけるのか…
その為の応援ならば、いくらでも惜しみなくやれると自負している私たち山雅サポなんですけど、実際に使えるグラウンドが無いという所はどうしようもありません。(-_-;)


さて、そんな想いも含みながらホーム開幕戦が今週末に迫って来ました。
去年のホーム開幕戦は13,098人を記録しましたが、今年は何人来てくれるんでしょうか。クラブの目標は平均15,000人…そこまで行かないまでも、せめて昨年越えはしたいですね。(^_^)
家族・友人にも出来るだけ声を掛けて、出来るだけアルウィンへ行って松本山雅の2013シーズンを実感しましょう!

合い言葉はモチロン One Sou1!\(^O^)/

2 件のコメント:

  1. dicsさん、スタジアム清掃大変お疲れさまでございました。
    愛媛戦参戦してきました。
    動きが良くなかったとの反さんのコメントですが、
    愛媛にうまくボールを回されて取りどころが絞れなかった印象です。まぁ、最初の出足が鈍ったといえばそうですが。。
    それでもゴール前では持ち前の粘り強い守備は効いていたので、
    見ていて圧倒されている感じは受けませんでした。
    相手のゴールはセンターリングミスが得点になってしまった
    偶発的なラッキーだったので、愛媛さんは負けなくてよかった
    という試合でしょうね。
    勝ち点4を奪いアルウィンでの開幕を迎えられるなんて、
    日曜が待ち遠しくて堪りません!

    返信削除
    返信
    1. ケンペスさん、お早うございます。
      コメントありがとうございます。m(_ _)m

      遠征お疲れ様でした。雨に降られてしまって残念でしたね。(でもゲーフラは持参されたんですよね?(^^))
      反さんは、スタートダッシュの時期だけに、後手に回ってしまったプレーに厳しめのコメントを出しているんではないでしょうか。それだけ、今季の躍進に気合いが入っている…と見ています。

      今週末はそこそこのお天気のようですね。熊本は2連敗していますので本気の二乗モードで乗り込んでくるでしょう。
      モチロン、反町監督はそれを撃破する準備もシッカリして試合に臨む事だと思います。
      我々も山雅をシッカリ後押しして、ホーム開幕戦で“勝利の街”を響き渡らせましょう!
      One Sou1!\(^O^)

      削除