2013年6月18日火曜日

宇佐美やらキングカズやら…

このところの報道で、G大阪宇佐美選手がドイツから帰ってきて復帰するとか、東京V横浜に居るキングカズ選手を獲得する動きを見せているとか、試合以外の話題が盛り上がってきています。
加えて、今までJリーグと海外サッカーの記事がメインだった「サッカーマガジン」誌が、7月10日発行予定の新雑誌「J2版サッカーマガジン(たぶん仮称)」を刊行するとの事。ますます盛り上がる話題が続きますね。(^^)

ところで、宇佐美選手G大阪へ復帰する件。我々としては、9月のvsG大阪戦でアルウィンを躍動する宇佐美選手が見られる事になる訳です。(^_^)
一部には「ガンバに居た頃は練習も真面目にやらないし口の利き方がなってないし、それで海外へ行っても結局モノにならなかった、それで戻ってきても何だか…」なんて意見を言う人も居たりして、実際1年目のバイエルンでも、2年目のホッフェンハイムでも目立った成績は残して居らず、決して順風満帆で海外へ行ってきた…という事では無い感じです。18日に合流した練習場でも「またここから這い上がれ 貴史」という横断幕が出ていたとかで、G大阪サポの中でも「出直し」という認識なんでしょう。(^^;)
G大阪は、宇佐美選手ともう一人のブラジル人選手ロチャが入ると同時に、エースであるレアンドロ選手家長選手の今月限りでの退団が決まっていて、戦力の大幅な変化が起こりそうです。
>>nikkansports.com記事

もうひとつの、キングカズ三浦知良選手の古巣・東京Vへの復帰の件。これは実現すれば大きな話題になるでしょうね。何しろ20年前のJリーグ草創期の所属クラブへの復帰+、今の東京V監督は実の兄である三浦泰年監督が指揮を執っている事。
兄弟で兄:監督、弟:選手という関係はJ始まって以来でしょうし、実際に試合へ入る際どの様な雰囲気がチームの中に出てくるのか、三面記事的な興味が先行してしまいますが、パフォーマンスについては良い物を見せてくれる事を期待しましょう。(^^)
>>スポニチアネックス記事

そして新刊雑誌の情報…
>>スポーツライター鈴木康浩のブログ
サッカーマガジンJ2版については、月一回刊行との事だし、Web版の「J2白書」みたいな感じになるのかな… このブログ記事に「記者陣が普段出したくても書く場所がなかった情報がたくさん盛り込まれる予定…」とありますので大いに期待です。(^_^)





さて、山雅はアウェイ2連戦でやや間延びした感がありますが、私の山雅な仲間である“がちゃじい”氏が、今週末の山形戦参戦に連動させて、震災の被害から立ち上がろうとしている南三陸町で行われる復興イベント「UTA2サポーターズデー」に参加すべく、準備を進めています。
詳しい事は彼のブログを読んで下さい。>>「全力応援☆がちゃじぃぶろぐ
彼は、出来れば日本にある様々なサッカーチームからSフラッグを集めて、一つの大きなフラッグに仕立てて南三陸町伊里前の「福幸商店街」に掲げる事で、全国のサッカーファンからの復興への熱い“想い”をカタチにしようと頑張って居ます。今からでも遅くはないですので、お気持ちのある方は上記ブログを読んで、がちゃじい氏に連絡取ってみてください。(^_^)

それもひとつのOne Sou1です!(^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿