2013年6月24日月曜日

ここからリスタート

一昨日の山雅vs山形戦は1-4という惨敗。明けて日曜の早朝にはザックジャパンが、コンフェデ杯の最終メキシコ戦でこれまた1-2の敗戦…と、山雅なサッカーフリークにはつまんない週末となりました。(^^;)
まぁ山雅の敗戦は、元々「21番目のチーム」として厳しいJ2のステージを闘っている訳ですし、負けて当たり前、勝って万々歳という所から発想しないと、足元が見えていない状態(=高望み・身の程知らず)に陥ってしまうのでそれは避けなければなりません。
反町監督も記者会見でこう言っています。
我々の実力を、メディアの方々もそうですし、サポーターの方々もそうですけど、非常に期待値が高いわけですよ、なぜか知らないんですけど。僕は『プレーオフ狙う』なんて豪語したことは1回もないんですけれども、なぜかみんなもうそういうところに、足元見ないで目線が先行っちゃってるわけですよ。そのギャップに僕はいつも悩まされてるわけですけども、今日の試合見たら、やっぱりこれぐらいの順位のチームだろうと皆さん、多分思われてると思いますよ。実際そうなんですから…
そうですね、仰る通りです。(^_^;)
過大に期待してシーズン当初の頃みたいに“もしかして来年には昇格!?(・∀・)”なんて脳天気な事を言ったりはしておりませんけど、ひょっとして心のどこかにそれが芽生えてしまっている人も、居なくは無い様な気もします。(^^;)

ザックジャパンにしても、アジア予選を最速で突破した事で期待値だけは大きくなっちゃって、いざコンフェデ杯へ出て行ったら一つも勝てず、そうするととたんに「ザックの采配が…」「メンバーを固定・温存しすぎ…」なんて批判の声が出たりして、これもまた何だかなぁな感じです。(´・ω・`)


もういちど山雅の場合。
よく言われる言葉に「切り換えて行け〜!」ってのがありますが、“切り替える”のは気持ちだけで、その気持ちと一緒に記憶や経験まで捨て去って、ゼロに戻して再出発する事…なんて風に思っている人は居ないとは思いますが、今回の敗戦を良い教訓にして、「どうやったら失点するのか、どうやったら守備をシッカリできるのか」という部分をもう一回よく考えて行ってくれると思います。
反町監督
自分たちの弱いところをごまかしきれてやることも大事なことですけれども、やっぱりそれは長続きしなしなとも思いますよね。少し終わり方が変ですけども、もう1回自分たちのやらなきゃいけないこととか、しっかりこっちがやらなきゃいけないことというのをやれるかどうかということにこだわらないといけないかなとは感じています…
と言っていますしね。(^_^)

J's GOAL ゲームサマリー 反町監督記者会見 各選手コメント 試合データ


今回もスカパー!のオンデマンドでカクカクする映像でのリアルタイム観戦、そして翌朝の録画放送で再確認という形でした。(^^;)

バスツアー&自走で、ざっと見た目700人は行っていたでしょうか
この中にも知った顔が幾人か…(^_^)


さて今回は、そんな負け試合の失点シーンを追っていきたいと思います。
まずは前半8分の比嘉選手のゴールから。

前半8分手前、左サイドを駆け上がる相手選手へ2人のプレス
必死のカバリングも虚しく、クロスを上げられて…
ゴール前で競った選手にヘディングで中継され…
フリーで居た比嘉選手に、鐵戸選手の上をポンと上げられ
飯田選手のカバーも空しくゴール左隅へ
白井選手は一歩も動けず…orz

左側を深くえぐられてクロスを上げさせてしまい、それを上手いことヘディングで中継されてのドフリーシュート…。山雅が得意としていたはずのサイド攻撃を、しっかりお返しされての失策でした。(´д`)

次は後半12分の伊東選手による失点シーン。

右サイドを上がっていった選手から見事なスルーパスを受けて…
(パスを受ける前に走り始めています)
ここでもうフリー
飯田選手がスライディングでカバーしますが…
間に合わずにゴールへ

これは伊東選手の裏への抜けだしが秀逸でしたね。ゴール前に山雅選手が居たのでオフサイドでは無かったですし…。(´・ω・`)

そして3失点目、林選手のシーンです。

左サイドをえぐられ…
ファーに居た中島選手にヘディングで返されて…
ゴール前で競っていた林選手に合わされて…
決められてしまいましたorz

これはサイド深くからのクロスを防ぎきれずの失点。何でしょう、人数は揃っているのに防ぎきれないっていうのは…。

続いて最後の35分、またもや林選手に決められたシーン。

再びサイドに入り込まれた伊東選手が上げたクロスを
パク選手がヘディングで跳ね返し…
走り込んできたロメロ選手がシュート!
それを川鍋選手が辛うじて跳ね返しましたが…
すぐ前に居た林選手にキープされ
一瞬のタメを作ってかわされて…

得意の左足でシュート…
決められてしまいました〜(゜◇゜)

こうして見てくると、何なんでしょう。去年までの様に安心して守備を見ていられないというか、サイドを突かれるシーンとか裏へ抜け出されるシーンとかで、マンツーマンで守ってきた今までの守備が上手く行ってなくて、判断が遅くなって競り負けてしまっている感覚でしょうか。(-_-;)
「たら・れば」はあまり言いたくありませんが、飯尾選手と今回体調不良で先発できなかった野澤選手の穴を、どう埋めていくか。監督は夏のウインドウでのDF選手の獲得を示唆していますが、そのコメントの中に
試合に出て満足じゃなくて、試合に出て何ができるかというところにこだわってやらなきゃいけない時期に来ているのかもしれない…
という言葉があるのを見ても、今週末の横浜戦ではスタメンを大きく変えてくる可能性があると踏んでいます。(^_^;)
松本山雅としても記念すべき、アルウィンでの公式戦100試合目。そして長いシーズンの折り返し点でもある6月29日・第21節をどういう形で迎えるか…
クラブとしても、チームとしても、そして我々サポとしても、できる事を最大限に出し切って、いつもの事ながらOne Sou1で迎える事が出来る様に準備していきましょう。(^_^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿