2013年9月15日日曜日

互角の勝負 しかし…

今日アウェイ・カンコースタジアムで行われた、第33節岡山戦。双方同じ様なフォーメーションと、カウンターからの攻撃っていう持ち味同士の対戦でした。
今節はスカパー!観戦。試合前から激し目の雨が降るなかでしたが、スタジアムの芝は水はけが良いそうで、前半までは何とか保っていました。

カンコースタジアムって、バクスタで応援するスタイルなんですね。
ゴール真裏の場所ってのが、芝生でフラットな構造だから
サッカーの応援に適してないって事なんでしょう。(^^;)

同じ様な闘い方をするチーム同士ということで、試合展開も目まぐるしく変わり、その中からチャンスを掴んだのが岡山でした。前半の19分、ちょっとしたパスカットのミスを突かれて、一人山雅陣内に駆け上がった押谷選手にDF3人で対応したんですが、後ろから駆け上がってきた石原選手へパスを出されてしまい、足元をくぐり抜けるシュートを打たれて失点。(´д`)




しかしその3分後、岩沼選手のCKからの流れで船山選手が受けて、ゾーンで守る岡山DFの間を抜いてそのままシュート! 見事にゴール左側へ打ち込みました。\(^O^)/


船山選手は試合後のインタビューに応えて
練習通りですね。こんなにスムースに行けていいのか、というくらいスムースでした…
と言っていますが、それだけ今までシッカリ練習を重ねてきた結果なんでしょう。胸を張って良いと思います。
これで1-1に追いついて前半終了。

しかし後半に入って10分、岡山のFKから、ゴール前へ流れたボールを近藤選手が流し込み、DFの陰になってボールを見失ったような感じで白井選手の反応が間に合わず、2失点め…orz



その後も雨は止まず激しくなるばかり。ボールが止まってしまうような場面があったり選手もスリップしてボールを失ったりするシーンもあり、攻守が目まぐるしく変わって後半のA.T、塩沢選手が上手く抜け出したかに見えたシュートがゴールを割ったんですが、オフサイドの判定。(´・ω・`)
そのまま得点できずに試合は終了…orz
互角の相手に惜しいシーン満載でしたが、結果は1-2の敗戦でした。でも試合としては観ていて面白かったし、次に繋がるプレーも感じられたし、ヨシとしたいと思います。


J's GOAL ゲームサマリー 反町監督記者会見 各選手コメント 試合データ

反町監督の言葉の中に
ほんの少しの差だと思うんですが、ほんの少しの差が、ちょっとずつあると、全体的にこういう広がった差になるのかな、っていうような結果、内容だった…
とあります。
観ていてもあと一歩、あと数秒早ければ…というシーンがいっぱいあったという印象でした。
足踏みしましたけれども、逆に言えば足元を見ろというメッセージだと思いますので、また足元を見て出直したいと思います…
攻めてる時に、岡山の3バックがしっかり準備しているのに対して、我々は後手を踏んでいると。準備してるんだけれども、ではボールが来た時にどう対処するか。そういう話もずっとしてるし、でもそうは言っても、今までそういうケースはそんなになかったんですよ、今まできちんと対応できてたんです。だからそれはもしかすると飯田がカード3枚もらって怖がっていたのかもしれないですし。最終的にはそれで何度もチャンスを作られていますから、まだまだ足りないってことですね。同じようなケースを作らないために、我々スタッフがいるわけなんで、しっかり研究してやらなければいけない…
よろしくおねがいします!
何たって次節は、あのガンバ大阪アルウィンへ迎えての一戦。
臆すること無く全力でぶつかって行って欲しいですね。(^_^)

そしてガンバ戦の34節からは待機列の抽選制がなくなり、また以前のように朝6時15分から並ぶ事になります。私としては抽選制はとても良かったし、シーズン終了まで続けて欲しかったんですが、クラブ側も色々と考えての結果なんでしょう、仕方ない決定ですね。(^_^;)
ガンバ戦はチケット狂想曲になり、ヤフオクでもお金が飛び交っている様ですが、13号駐車場に大型スクリーンを設置してのPVも行われるそうで、アルウィンで観られない人もかなり助かるんではないでしょうか。

兎も角、アルウィン始まって以来の観客数が予想されていますし、トラブルが起こらないことを祈ります。観客席でもピッチでも、クリーンでフェアな闘いが繰り広げられるよう、One Sou1で当日を迎えることにしましょうか。(^_^)

0 件のコメント:

コメントを投稿