2014年4月28日月曜日

里山歩き2014(大町市鷹狩山)

ホームアルウィンでの今季初勝利の翌日、家内と今年の"山"始動ということで、大町にある鷹狩山へ登ってきました。
前日の応援で多少の筋肉痛が残るものの、ホーム戦勝利の余韻から気分はズンズン前向き。(^^)
この山は大町市街の東にあり、住んでいた頃は毎日見ているくらい身近な存在で、高校時代には全校登山のトレーニングに登る山でした。その麓にある「市立大町山岳博物館」はカモシカの飼育で全国的に有名で、登山関係にはじまり北アルプス周辺の歴史とか動植物・地質関係の展示まで広く網羅されています。(私が大町高校生だった頃はライチョウの低地飼育を実験的に行っていたんですが、現在はやって居ない様です)
その周りにある公園は桜の名所で、昨日もほぼ満開状態でした。(^_^)

中央の遠くに見えるのは鳴沢岳

連休とあって駐車場はほぼ満パイ。でも運良く1台空いたので、登山口すぐの所へ駐める事ができ、そこからスタートです。
登り始めたのは10時20分くらい。登り始めて程なく、上から降りてきた女性2人連れとすれ違いました。朝の早い内に登ってもう降りてきたんでしょうね。(^^;) 行程的には登り1時間半、下りに1時間というルートなので焦らずゆっくり、山歩きの始めなので歩幅やペースに気を付けながら登っていきます。

鷹狩山周辺マップ
地理院地図


登り始めて少し傾斜が緩くなる辺りは、落ち葉のプロムナード…なんて小洒落た呼び名が付きそうな、一面の落ち葉を踏みしめて登っていきます。

濡れている様な時はスリップに注意して

歩いていて、ヤマバト(キジバト?)の声や小鳥のさえずりに混じって、街なかからの色々な音が聞こえてくるのはご愛敬ってもんでしょう。それだけ街から近い、文字通りの"里山"なんですね。(^^)

途中で広葉樹(コナラ?シイ?)の幹に太く絡みついた木質ツル性の植物(フジ?)が、見た目とても痛々しく感じました。(^^;)(でも緑が濃くなる時期に見れば、あまりそうは思わないのかな…?)

ギュウギュウと締め付けられてます(^^;)

途中一旦舗装路を登っていきますが、普通の登山道と違ってペース配分が難しい感じです。南鷹狩との鞍部でクルマ用の案内版「鷹狩山山頂→」とは逆方向の舗装路へ進み、途中からはまた未舗装の道を登っていきます。
途中2回ほど休憩しながら、計1時間15分くらいで頂上到着。地図にある「駐車場」から直登の石造りの階段があるんですが、歩幅が少し短くなる分、ペースをゆっくり目にして最後のワンスパンを登りきると「金比羅宮」があります。

鄙びた佇まいの金比羅宮です
この後ろに展望台が建っています

蓮華岳・鳴沢岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳のパノラマ

頂上周辺は"展望公園"として整備され、トイレ付きの立派な展望台と隣のレストラン「エコーハウスたかがり」があって、ちょうどそこのオープニング式典が行われていました。
ベンチに腰掛け、持っていったオニギリとお茶でランチブレイク。それからお湯を沸かしてコーヒー淹れて(インスタントでしたけどねw)、眼下に広がる大町市街のポイント(高校や中学校の位置)説明や、向こうの山の名前などを家内と話しながら小一時間ほどマッタリ過ごしました。(^_^)

鹿島槍ヶ岳の雪形・獅子と白鳥

下山し初めてしばらく行くと、上から降りてくる別の踏み跡がありました。舗装路途中からも下へ降りていく踏み跡があったんで、そちらが徒歩での本来のコースなのかな…などと話しながら下って行きました。(パンフレットや大町市HPで一般には紹介されていないけれど、知る人ぞ知るルートなのかも知れません(^^)地図上の青い点線です)

半分くらい降りてきた辺りで少し広くなっている場所があり、キャンプ場みたいな感じだったんで行ってみると、やはりシーズン前のキャンプ場でした。どうやら個人経営の所らしく、設備の名前の付け方やちょっとした案内版の絵なんかに、微笑ましくも若干の違和感がある、ある意味「パラダイス」的な展開がちょっと気になりました。w
でもそこに咲いているヤマザクラやコブシが、綺麗に青空に映えていました。

ヤマザクラ(?)

ヤマザクラとコブシ(右奥)

コブシ

下りは1時間と10分くらいで駐車場に到着。すぐ横にある山岳博物館(入館料400円)へ入ってみました。
なかなかセンスある展示で、かつて(と言っても40年近く前)に比べたら雲泥の差。1Fロビーには"ゆるキャラ"ブームでここ大町にも誕生した「おおまぴょん」の大きなぬいぐるみが置いてあり、小さい子供たちが自由に触って遊べる様になっていました。(^^)
展示は、特に地質学のムービーと展示が、北アの誕生について今まであやふやな知識で居ただけに、いい勉強になりました。そうそう、この山岳博物館は一昨年だったかの映画「岳」で、"長野県北部警察署"の建物として登場していましたね。

ガンズ君ライチョウの展示

1時間くらい見学して、今日のもうひとつの目的地「仁科神明宮」へ。ここは国宝になっていて、最古の"神明造り"という建物で、伊勢神宮とも繋がりのある古いお社です。(HPに依れば"信濃の国7神明宮の一つ"という事らしいです)

本殿前の参拝殿
立派な杉の古木が凜とした雰囲気を醸し出しています

神社へのお参り作法に則り、手水場で身を清め、これからの世の中の平穏を願って参拝してきました。
この神明宮で毎年3月に行われる「古式作始めの神事」を以前、見学した事がありました。張り子の牛を使って、鍬初めから苗代づくり・種播き・鳥追いまでの稲作りを演じるものですが、素朴な味わいのある神事だったと記憶しています。また伊勢神宮と同じ様に20年に一度「式年遷宮祭」が行われていますが、神殿を新しく建て直すのではなく、屋根の檜皮を葺き替えるのみとなっている様です。
次の遷宮祭は5年後の2019年。檜皮の寄進料は¥1,000だそうなので、その時にはまた参拝&寄進してみようかなと。(^^)


という事で今回の山歩き、去年の同じ時期に行った生坂村の"京ヶ倉"ほどの高低差(運動量)程ではなかったですが、山雅応援の疲れも残っていたので今回はこんなもんで良いかなと… さて今年は何回山へ行けるでしょうかね。(^。^)

0 件のコメント:

コメントを投稿