2014年4月21日月曜日

最後で追いついた!

昨日の京都戦、始まるまでは曇りがちだったとは言え穏やかな曇天だったんですが、試合開始前頃からニワカに南風が… という事で、春のアルウィンならでわの南風が強い中のキックオフとなりました。(^^;)

こんなに無風だったのに(^^;)

京都サンガサポの皆さん、ようこそアルウィンへ!

京都には負けないぜ!(´∀`)ノ

この日のイベントでJA全農長野さんから「ぶなしめじ」の無料配布が。12時前くらいに上のフラッグ写真を撮りに行った時、もう終わっちゃったかな…と思っていたらまだ配っていたので一袋Get。(^^)v
帰宅後にマーガリンソテーで美味しく戴きました。

試合展開は前半やや押し気味で、船山選手飯田選手が惜しいシーンを生み出すけど得点には至らず。19分の京都CKでは、ペナルティアークの外で縦一列っぽく並び、そのあと蜘蛛の子を散らす様に展開する、バドゥ監督らしいトリックプレーを見せてくれました。(^^;)
そんな展開の中、飯尾兄選手の踏ん張ったDFやら、京都比嘉選手が放ったバーへの直撃弾にヒヤリとするも場面はありましたが、0-0のまま前半終了でした。

後半に入って、裏を獲る山雅戦士と線審の攻防(?)やら漢・村山選手の好セーブやらで、もしかしてこのまま0-0で終わるかな?なんて思っていたら、船山選手がPKゲット!p(^_^)
京都の選手たちが執拗に主審に詰め寄っていたけれど、それまでのアンチ山雅的なジャッジの帳尻を合わせるかの様なPKとなりました。ww

当然キッチリと決めて船山選手は今季6得点目(2位タイ)。o(^▽^)o
しかしその後が…orz
得点後はもっと引き締めて、意思統一をしてディフェンスしなければこうなってしまう、というお手本みたいな2失点。(´ω`)
それにしても2失点目の大黒選手のポジションは、山雅にとって繰り返し取られた後半のオフサイド多発の線審がバックスタンド側にも居てくれたら、間違いなく"戻りオフサイド"を取ってくれるハズなんだけど、同じ線審はあり得ないし、判定は覆らないから仕方ないですが… 帰宅後の録画チェックでようやく気が付いた程度なので、文句は言いますまい。w
それにしてもこの時の大黒選手のシュートは見事でした。パスを受けて振り向きざま脚を振り抜き、ゴールマウス左隅へ…。往年のキレはやや影を潜めたものの、そのテクニックはまだまだ高いレベルにある選手なんだなと痛感しました。(^^;)

しかしそれからが山雅らしい劇場的展開に。88分に反町監督が動きイッキに3枚替えました。疲れが見え始めていた塩沢選手に替わってパク選手(今季初登場!)。岩間選手に替わって椎名選手岩沼選手に替わって鐡戸選手と、「総攻撃で行くぞ!」的なメッセージを込めた感じでした。(^_^)
それに合わせてゴール裏もヒートアップ。(玉林選手のチャントを唱ってしまったのもご愛敬ww)その勢いに京都GKオ・スンフン選手が思わず振り返るシーンもあったり、北側ゴール裏からの情報では今年イチバンの声量が出ていたという話も伝わって来ました。(南風に乗って…という事もあるでしょうけどね(^^;))
そしてアディショナルタイム突入直前、岩上選手のCKにキッチリ犬飼選手が頭で合わせて2-2に追いつきました。\(^O^)/
その後も手を緩めること無く怒濤のシュート数。田中選手のミドルは惜しくもバーの上でしたが、「シュートで終わる」事を体現してくれて、頼もしさも感じました。(^。^)
 

Powerd by: 09artisan

お疲れ〜!(ノ´∀`)ノ

いやぁ、久々に興奮した試合でしたね。(^_^)
試合後は声もガラガラ、足腰には軽い筋肉痛もあるし、勝ち点3は獲れなかったけどやり切った感満点の良い試合後でした。京都サポの皆さんも楽しんで戴けたかと思います。そうそう、帰宅時に通った裏道ですが、前を京都ナンバーのデリカが走っていました。地元民しか判らない様な道でしたが、Jリーグ3年目でアルウィン来訪3回目ともなれば、そうして"研究"して来て下さっているんでしょうね。(^^)

J's GOAL
ゲームサマリー 監督コメント 選手コメント 試合詳細データ



さて次節は土曜日、またホームアルウィンへ、FC岐阜を迎えての「TOP OF 北アルプス」です。
あの"取扱い説明書"(笑)が要るラモス監督率いる、川口能活GKはじめ栃木から移籍した三都主選手、そして元山雅戦士益山選手も居る、お隣り県チームです。
今年もTOP OF…のタイトルを奪取すべく、そしてホームでの初勝利をかけて山雅戦士の背中を押しましょう!

One Sou1!

0 件のコメント:

コメントを投稿