2014年5月12日月曜日

3連勝で3位をキープ!

昨日の第13節横浜FC戦は、見事2-0で快勝する事が出来ました。

思い返せば4月26日からの「16日間/5試合」という過酷なスケジュールで4勝1敗。勝ち点を積み上げる事に成功して順位は堂々の3位です。すぐ上の2位磐田とは勝ち点1差!(´∀`) しかしすぐ後ろには、勝ち点3差であのバドゥ京都が迫って来ています。
前節の京都vs横浜FC戦で見せた、ゴール前でのトリッキーなFKからのゴールは、海外でも動画サイトで話題になっているほど。(^_^) どうも聞いた話では、以前から時々見せるトリックプレーは、バドゥ監督指導の下ではなく、選手たちからのアイデアでやっているとの事。でも試合中にそれを許しているのも監督の裁量だし、山雅とも色々縁のあるバドゥさん、今度の対戦は10月のアウェイですが、今後も注目ですね。(^^;)

話が脱線してしまいましたが今節の横浜戦。試合内容は前半モヤッとした感じで、今朝の新聞にも書かれていましたが「よそ行き(の感じ):反町監督」「勘違いしていた:隼磨選手」という感じで得点のニオイも何もなく前半は終了しました。
ハーフタイムで反町監督は「省エネサッカーでは勝てない。45分、走力と気力を見せるしかないぞ!」と送り出し、後半の11分という早めの時間にサビア選手を下げて塩沢選手を投入すると、俄然相手ゴールへ迫る連動が始まって、25分に犬飼選手(公式記録)が先制点、30分に塩沢選手が追加点を挙げて横浜FCを突き放しました。\(^O^)

J's GOAL
ゲームサマリー 監督記者会見 選手コメント 詳細データ

この日はよく晴れて、北アルプスも絶景でした。それだけに紫外線量もハンパなく、ケアしておいた顔は問題なかったんですが、腕はヒリヒリ、真っ赤になってしまいました。(^_^;) この時期の松本はこうなってしまうのは当たり前なんですが、ついウッカリしていました。

遠く白馬三山まで見通せる快晴!(´▽`)
横浜サポさんたちも見てくれましたでしょうか
時おり気持ちのイイ風が吹きました(^^)
わお!家内が抽選アタリをGet!(ノ´∀`)ノ
当選番号23の内容は後ほど…(^^;)
ピッチ内練習開始!
今日も勝つぜ!!p(^_^)
横浜サポの皆さん、ようこそアルウィンへ!(´∀`)/

試合内容は、上にも書いたとおり前半は「また寝ているのか?」ってくらいな見どころの薄い内容。(^^;) サビア選手も何度かボールを要求して前線へ駆け出すも上手く受けられないとか、岩上選手の折角のロングスローも繋ぐ事が出来ずに、ドローのまま前半終了でした。
サビア選手、良いモノを持っているんですが今ひとつ岩上船山両選手との連携が、何となーくしっくり来ていない印象でしたね。休んでいた期間がやや長かった分、その辺の練習不足が影響しているんでしょうか。
DFの犬飼選手も機を見て前線に上がっていくんですが、彼もいわゆる"軽いプレー"が目に付いたし、危ないシーンのあとで田中選手から、多々良選手と二人して注意を受けていました。(^_^;)(こういう"経験値"からの意識の共有は、今季隼磨選手が入った事の収穫のひとつでもありますね)

後半になって塩沢選手が投入され、25分に岩上選手のロングスローからクリアされたボールを拾ってゴール右エリアで廻し、あらためて打ったクロスを弾かれた浮き球を、岩間選手が巧い事打ち込み、犬飼選手にちょっと当たったもののミゴトにGOAL!\(^O^)/
このゴール、試合後の公式記録では犬飼選手になった訳ですが、岩間選手が打たなければ成り立たなかったゴールです。試合後のヒーローインタビューで岩間選手が喋って賞を2つも貰っていましたが、あれで良いと思います。岩間選手、移籍後初+ホームでも初ゴールでしたね。オメデトウ!!(ノ´∀`)ノ


Powerd by: motomotocafe

続いての30分、村山選手からのロングフィードを犬飼選手がヘディングに競り勝って前線へ。走り込んだ船山選手が巧く収めてゴール前へ運び、絶妙な横パスで走り込んできた塩沢選手が相手GKの右足元に決めました。\(^O^)/\(^O^)/


Powerd by: motomotocafe
※以上YouTube2件 16:40追記

という事で山雅は3連勝!(´∀`)ノ
♪勝利の街」も「♪アルプス一万尺」も晴天の元、晴れやかに歌う事が出来ました。



終了後の岩間選手ヒーローインタビュー
移籍後もホームでの初も、充分にヒーローだよ!(^。^)


縦へのロングボールを多用するイコール、パスを繋いで切り崩すテクニックが無いと言われますが、我が反町監督はそんな意見には意に介さず「我々は自分たちの出来うる120%の力を発揮して、こういうところまで行き着いていると思います。そこは今後も変えるつもりはありませんし、より精度やスピードにこだわりを持ってやるしかない…」と"山雅スタイル"を押しとおしていて、これもまた素晴らしい事。
何度も言いますが、ビリッケツから勝ち進んでいく為には泥臭く、ゴールを積んで勝ち点を積み重ねていかなければならない訳です。でももしこのままJ1へ昇格してしまったら… そのスタイルがどこまで通用するのか、今季の徳島みたいに昇格はしたものの下位に低迷、そして降格…といういわゆる"エレベーターチーム"になってしまうのか。その辺はサッカーの神のみぞ知るセカイなんでしょうか…。(^_^;)

今節、見ていて印象に残ったのは、岩上選手のバックスタンド側での助走の距離。前節のアウェイ大分、"岩上対策"でピッチ看板が普段とは違う並びになっていて、助走を大きく取りにくい状態になっていました。岩上選手の試合後の言葉では「そうした"対策"はあまり影響ないですね…」みたいな事を言っては居ましたが、相手選手がタッチラインすぐの所に立つとか、やはり「やりにくいな」とは思っているんだろうと思います。(^^;)
それもあって、ホーム戦でもピッチ看板の前から助走して投げるというスタイルにしているのかな、と。

色々研究されて、対策されて試合をしなければならない状態になってきたJ3年目の松本山雅
このまま暑い夏場を乗り切って、上位をキープして行ければ最高なんですが、サッカーの神様がどこまで味方してくれるのか。その運命を上回る様に"ツキ"を山雅へ呼び寄せるのも、もしかしたら我々サポの力かも知れません。(^_^)

そうである事を願って、次節のアウェイ山形戦も次々節の磐田戦も、選手の背中を押し続けましょう!

One Sou1!

おっと、抽選アタリの内容を書いてなかったですね。(^^;)
23番は「スポカフェガレージ提供:2,000円お食事券」でした。

2 件のコメント:

  1. 堀金の山雅サポ2014年5月15日 12:52

    いつも楽しく拝見しております。宇都宮氏による「フットボールサミット」の公開インタビューを聞いてきました。同誌はこれまで、ビッククラブを採り上げることが多かったため(地方クラブは甲府についで2回目)、かなりインパクトのあるおもしろい内容になると思います。改めて、「行政や特定の企業が主導したものではなく、市民の情熱が広がってここまで来た」ことのすごさを感じました。

    返信削除
    返信
    1. 堀金の山雅サポさん、こんばんわ。
      コメントありがとうございます。<(_ _)>

      昨夜のフットボールサミットの公開インタビュー、お誘い戴いていたんですが、行かれず済みませんでした。f(^^;)

      そうでしたか、発売が楽しみですね。(^_^)

      削除