2014年7月13日日曜日

ジリジリした勝利

12日に行われた天皇杯2014-2回戦。カマタマーレ讃岐アルウィンに迎えました。

前々日に九州に上陸した大型台風8号は、足早に本州南岸を縦断して前日の9時に福島県沖で温帯低気圧になって消滅しましたが、長野県南部の南木曽町に大きな爪痕を残していきました。
9日に発生した鉄砲水で、JR中央西線の線路が流され、国道も土砂が覆ってしまい通行不能に。JRを使って松本入りする予定だった讃岐の選手たちもやむなくバス移動にしたそうです。
この鉄砲水で家ごと流されてしまった男子中学生一人が、亡くなってしまいました。話ではこの中学生はサッカー部に所属していたそうで、もしかしたらここアルウィンへも山雅の試合を観に来ていたかも知れません。
試合開始に先立ち、選手入場が済んだ時点で、今回の台風で全国で亡くなった方や被害に遭われた方への黙祷が捧げられました。(-_-)

お天気のほうは台風一過の言葉通り、朝から雲ひとつない快晴。通常のリーグ戦ではないので先行入場もナシ。入場の待機列は朝7時から"モノを置いて離れてもOK"の方式で形成されて、私は7時にかなり前の方を確保。山雅な仲間を一人残して(その方も木陰にシートを確保して)、私は10時半過ぎにアルウィンへ。
快晴なだけに気温もどんどん上がりましたが、木陰に居れば快適なアルウィン。開場時刻までノンビリ過ごしました。(^^)

でもヤッパリ陽射しはあづかった…(^^;)

開場されて入ってみると、思いのほかサポの数が少ない… やっぱりシーパスが使えない有料って事が大きいんでしょうかね。何だか地域/JFL時代を思い出しておりました。ww

主催者が違うんで旗の数も違いますね



試合開始〜
カマタマサポさん、ようこそアルウィンへ!(´∀`)ノ

反町監督は思い切ってスタメンを大幅入れ替え。GKは久しぶりの白井選手、右サイドに玉林選手を入れて田中選手はいつもと逆の左サイド。飯尾竜選手ユン選手のダブルボランチで、トップ下に椎名選手道上選手、ワントップに棗選手を配した布陣でした。讃岐もワントップに元山雅戦士木島良選手を置いて狙ってきました。
試合は初っぱなから木島選手が攻め込んできて、かなり危ないシーンもいくつか。(^^;)
(今回も山雅な仲間motomotocafeさんのYouTubeを貼らせていただきます)


Powerd by: motomotocafe


Powerd by: motomotocafe

2度ばかり危ない時間があったものの、逆にチャンスを決められないまま0-0で前半終了。16分には棗選手に替えて後半から投入された山本選手が、コンビネーションから崩して相手に迫るビッグチャンスを作りましたがゴール成らず…。(-_-;) 膠着状態のような展開のままジリジリと、このまま延長戦に入られちゃうと暑いし辛いし…と思っていたら、30分が過ぎる頃から選手も堪えてきたんでしょう、木島選手玉林選手が相次いで足が攣りピッチの外へ。

玉ちゃんまで脚を攣るとは…(;゚д゚)
Photo by dics jr.

玉林選手退出の直後41分、左サイドから田中選手がふんわりとしたクロスを上げると、それに合わせて右サイドを走り込んだ椎名選手が角度のないところからヘッド一発!GKの脇を抜けてゴール!!\(^O^)/
決めてくれました!!



Goooooooooooooal!!!! (ノ´∀`)ノ
Photo by dics jr.

motomotocafeさんの動画もどうぞ。(^_^)/
Powerd by: motomotocafe

そのまま点は動かず試合終了。1-0で勝利して3回戦に進むことができました。(´∀`)
大久保選手がキャプテンマークを付けたりロングスローをお披露目したり、3つの新チャント(大久保選手山本選手道上選手)を発表・練習したり、話題には事欠かない試合でした。(ワタシ的には道上選手の歌詞が今ひとつ覚えきれずに不完全燃焼…w)


新チャントも織りまぜての♪アルプス一万尺。(勝った時には必ずやるんだから、選手の皆さんも頑なに"踊り手出場"を拒むのはちょっと残念ですが… そうか、踊りが得意じゃない選手も居ますモンね(^^;))


しかし今回の天皇杯、なぜに午後3時K.Oになったんでしょうね。お天気が晴れたから言っている訳ではなく、晴れても曇りでも雨でも、この梅雨の時期にナイターは検討されなかったんでしょうかね?他の試合ではナイターもやってるのに(-_-;)…とグチりたくもなった暑さでした。
それと勝ったのはいいけど試合内容としては決して褒められなかったな…と思ってしまったのも事実。(^^;)
試合後の記者会見でも、反町監督田中選手
試合内容はあまり喜べるような内容ではなかったですね。特に前半はプレーすることを怖がっていた感じで、ハーフタイムに『どれだけビビッてんだ』と少し怒りましたが…-反さん
とか
情けない内容で何とも言えない。前半に関してはサッカーをしていない。全てにおいて情けなく、非常に恥ずかしい試合だった。今日の試合のメンバーについては監督の判断で、このメンバーが今日のベストメンバーだったと思う。だからこそ、当たり前のことを当たり前にやらないと試合にも出られないし、チームにとってプラスにならない。若手が力を発揮できなかったことについては、自分自身ももっといい環境を作っていきたい…-田中選手
とか、かなり辛口のコメントを残しています。
これをひとつの例として、これからのリーグ戦後半戦も色々なオプション戦術を選べるようになった…と、プラスの発想をしていってくれる事でしょう。(^^)

J's GOAL
ゲームサマリー スターティングメンバー 監督記者会見 選手コメント


この日は息子も娘も帰宅して久しぶりに家族4人が揃ったので、祝盃も賑やかになりました。(´▽`)




ということで次節のリーグ戦は、アウェイで長崎との対戦。
ケガやカードが溜まってきている選手も少なくないですが、これからの夏場が山雅の最も得意とする時期です。
この勢いで勝ち点を積み上げて、あわよくばの自動昇格を目標に頑張ってもらいたいですね。(^^)

One Sou1!

0 件のコメント:

コメントを投稿