2014年8月21日木曜日

天皇杯3回戦 アップセット成らず…

昨夜の味スタ、約2,000人以上の山雅サポが集結して選手の背中を押し続けたんですが、力ひとつ足らず、0-2で敗戦してしまいました。(´д`)
私は2時間半遅れの9:30からのスカパー!でシッカリ戦況を見守ったんですが(当然それまでTwitterなどの情報はシャットアウト(^^))、やはり目下絶好調のFC東京は強かったですね。(^^;) 最初の失点も後半での追加失点でも、J1クオリティーをマザマザと見せつけられた感じで、負けはしましたが来季ひょっとして昇格した時の闘い方を経験できたという、大きな収穫はあったと思いました。
村山選手の記者会見のコメントでも「F東京はJ1の中でも現在調子が良く、アタッカー陣はかなり強烈だった…」と言っているとおり、前半も後半もゴールへの執念は凄まじく、隙間があればシュートを打ってくる感じでした。

試合後にスタジアムのスクリーンに映し出されたハイライトシーンがありましたので、貼っておきます。


Powerd by : raisummerTVさん


0:04、DF大久保選手がミスしてボールを失った所、やや後ろに居た渡辺選手がすかさずボールキープ。そのままシュートされ村山選手の手も届かなかった所を、ゴールラインギリギリで多々良選手がクリアして危うくセーフ。((((;゚Д゚)))))))

0:16は高橋選手のミドル。これは村山選手のほぼ正面で、ファンブルするも事なきを得ました。

0:26から山雅の攻撃。右サイド(玉林選手?)からのクロスに、サビア選手が頭で合わせるも方向がズレて不発。(´ω`)

0:32、FC東京の右CKからゴール前混戦なるも何とかセーフ。(^^;)

0:44、再びFC東京左CKでエドゥー選手がフリックするも枠の外。(^_^;)ホッ

0:50にはバイタルエリアで得たFKから、岩上選手が狙いますが僅かにポストの左へ。(´д`)

1:03は失点シーン(前半41分)。シュートをDFが上手く当てて上へ逸らすも、運悪くクロスバーに当たり、そのこぼれをエドゥー選手が拾ってゴール前へ斬り返し、タイミング良く走り込んできた河野選手が押し込んで失点。orz

1:26からは後半(9分)の失点。太田選手に上手くペナルティエリア左側へ抜け出されて、そこからのグラウンダーのクロス。そこへ実に巧く犬飼選手の前へ入り込んできた平山選手に決められてしまいました。(T_T)

1:55、三田選手のミドルは運良く逸れてくれました。(^_^;)ホッ

2:03辺りから怒濤のJ1レベルな攻撃です。とにかく隙間があればシュートで終わり、ドリブルのスピードもかなりなもの。((((;´・ω・`)))

2:32からのFC東京FK、前半の岩上選手のFKとほぼ同じ様な位置から、シュートもほぼ同じ様な軌道で逸れてくれました。(^^;)ホッ

2:43の山雅アタック。ピッチ右端からの大久保選手シュート(クロス?)も力なく、GK正面で抑えられてしまいます。(´ω`)

2:59、PA外側でのパスを上手いことかすめ取られてしまいますが、この辺りのプレーの精度を上げていかないと、J1での闘いは苦しくなるでしょうね。(^^;)

*8/22追記
メインスタンドからの山雅な仲間O氏のYouTubeが上がっていましたので、貼っておきます。(^^)


Powerd by : 09artisan


終わってみれば、シュート数がFC東京23本に対して山雅は4本という少なさ…。CKもわずか1本という状態で、岩上選手のロングスローのシーンは何度かありましたが、得意のセットプレーからの攻撃は不発なまま試合終了となってしまいました。

まぁ、この負けは今現在の山雅の実力を測れたという意味で、そしてJ1クオリティーとはどういうプレーの世界なのかを知ることが出来たという意味でも良かったと思います。
リーグ戦とカップ戦(トーナメント戦)の闘い方の違いをどう捉えるか、それこそ監督の考えやチーム事情によって違いますが、スタメンを11人全員換えて愛媛に敗れた川崎とか、群馬に負けてしまった首位・浦和の事を考えると、ほぼベストメンバーで当たってきたFC東京に感謝…という事で良いんだと思います。(^^)

J's GOAL
ゲームサマリー 監督記者会見 各選手コメント


反町監督の言葉の中に
今日は後ろの3枚がらしくなかったですね、正直言って。自分の物差しでやっていましたよね。
<中略>
大久保は久々の出場で、多々良が弱気なところも垣間見えて。それがそのままゲームに出たんだと思います。『おい、こんなことないだろ?』といった今までなかったことが散見して、リーグも半分超えて佳境に至る時にこれじゃあな、という感じはしましたね。
それは相手がいいか、我々が悪かったのか。我々のマイナスと向こうのプラスの部分で相当リバレンスが生まれたんじゃないかなと思います…
と言っている様に、簡単な言葉で「相手に呑まれた」感もあったんじゃないかなと。(^^;)
結局あんなふうに起点に詰められることは正直J2ではないので。我々もそれは未然に防いでいたんですけど、今日は相手をリスペクトし過ぎたのか。『はい、胸でコントロールしてください』という感じで、結局自分たちで体力を消耗したのかもしれない…
最後は珍しく諦めたようなところがありましたけどね。というか精一杯だったのかもしれないですが。そういう姿、あまり見たことないですよ。今日久々に観に来た皆さんは『あれ、おかしいな』と思うかもしれない… 
なんて事も言っています。

ともかく松本には無い蒸し暑さの中、2,000人以上でホームの雰囲気を作るべく熱く応援していた山雅サポの仲間たちに、『お疲れさまでした』と言いたいです。(スカパー!の画面では、やはり人数的にも多いFC東京サポさんの声量の方が勝っていた感じでしたけど…(^^;))


この一戦を糧にして、日曜日に迫っているホーム山形戦(実はまだ勝てていません)でシッカリ勝ちを掴む事で、着実に勝ち点を積み重ねる事に集中していって欲しいなと。
そして晴れて昇格した時に改めて、FC東京に挑戦して行けたらと思います。

我らは常に挑戦者。(´∀`)ノ
One Sou1!

0 件のコメント:

コメントを投稿