2014年9月21日日曜日

4ヶ月ぶりのデーゲーム しかし結果は…

昨日の第32節、vsカマタマーレ讃岐戦は午後1時キックオフ。5月から約4ヶ月ぶりのデーゲームでしたが、先週末からの涼しい空気の中、試合を楽しめました。(^^)
でもゴール裏では陽射しが当たると暑かったですね。しかし山雅な仲間、メインスタンドを定席にしているM氏曰く「メイン席は陽が当たらないから寒いくらいなんですよ(^_^;)」とのこと。同じアルウィンの中でも、寒暖の差が激しいのがここ信州松本の特色なのかも知れません。

この日のイベントは、山雅のプラクティスピステの胸スポンサーである「サイベックコーポレーションフェスタ」という事で、空くじなしの抽選会や「ミニガンズ神社」、サイベック製品の展示や社長ご挨拶などがありました。
入場後さっそく、北側のGATE2の抽選待機列に行くともうすでに長蛇の列が出来はじめ…。(^^;)(マジで山雅なサポは並ぶのが好きなんですよねぇ… はい、そう言う私も並んだわけですが ww)
抽選は"三角クジ"で、「A賞(3名様)」のプラクティスピステを狙ったんですが敢えなく末賞の「コラボコイン」でした。(^^;)

55番目を貰いました
私が抽選まで進んだ時点では
もう3度の折り返し…(^_^;)

コインはこれ(^^;)
アルミ合金のようでやや重みがありました



両チームフラッグ
トンボが写り込んでました(撮影時気付かず(^^;))

讃岐サポの皆さん、ようこそアルウィンへ!
天皇杯の時よりは多くいらしてました(^^)

試合前、山雅ゴール裏から「♪カマタマより蕎麦 カマタマ! より蕎麦!」のチャント(懐かしい柿本選手チャントのメロで)が始まり、終わったとたんに北側からも「♪蕎麦よりカマタマ 蕎麦より! カマタマ!」と返してきて、心和むひとときでした。(JFL時代が懐かしい…w(´▽`))


Powerd by :takuchandayon

讃岐側の「お返し」(^^) >> FBアルバム
讃岐さんのはYouTubeではなくFBだったのでこのリンクでスイマセン。f(^^;)


試合内容は、ひと言で言ってしまえば『難しい試合』だったかも知れません。
昇格のために前節の負けを払拭したい山雅と、京都を下して降格圏脱出に必死で足掻いている讃岐。その2チームが、微妙にベクトルの方向は違っているものの、それぞれの重圧が選手の脚に重たい足枷みたいにまとわり付いた感じの試合でした。(^_^;)

山雅は累積で喜山選手が抜けて、前節の接触で故障した岩沼選手も離脱。替わりにユン選手(ボランチ)、飯尾竜選手(右サイドバック)が入って、田中選手が定位置の右から左へポジションチェンジ。
讃岐のFW・木島選手がワントップでいわゆる"引いて守る"フォーメーションの讃岐に対して、山雅は何度かチャンスを掴みに行くけれど、讃岐のDFに弾かれたり最後の精度が足りなかったりで不発のまま。
かといってセットプレーが良いかというとそれ程でもなく、25分過ぎにペナルティエリア近くでサビア選手が倒されてのFKが不発に終わり、それから勢い付いて攻め込むものの前半終了。(´ω`)

後半に入ってもあまり雰囲気は変わらず、ユン選手のミドルも枠を外れてしまいました。
30分過ぎに木島選手から我那覇選手に交代、それに合わせたかの様に飯尾竜選手を下げて鐵戸選手を入れて、飯田選手を前線に上げるポジション変更をしながら巻き返しを図ります。途中で田中選手岩上選手のコンビネーションで巧く崩しかけたものの、シュートは枠を少し外れた形で不発。(´д`)
もうチャンスのたびに"ウォォ〜!↑"と盛り上がるも"アァ〜…↓"というのが多くて逆に疲れちゃいましたよ。ww

前出の山雅な仲間・M氏のYouTubeで終了直前の攻防をどうぞ。(^^)/


Powerd by motomotocafe

後半の終盤には讃岐の選手が皆して足が攣ったり、「One Sou1!」のコールをしましたが、得点を決められずスコアレスドロー、勝ち点を1ずつ分け合って終了になりました。
勝った様に大騒ぎの讃岐側ゴール裏に対して、何だかちんやりムードの山雅ゴール裏が対照的な印象でしたね。(^^;)

J's GOAL
ゲームサマリー 監督記者会見 選手コメント 詳細データ


お疲れ〜!
(ちんやりしても拍手でお迎えw)

北九州には勝とうぜ!!(´∀`)ノ


記者会見で反町監督
勝つということ、得点するということはやはり大変なことなんです…
サッカーの展開というかゲームを読む力が少し足りない部分もあったので。今日はその意味ではすごくしたたかな部分も精神的に出すことができた
これからはリードしているされているいろいろな状況のなかで、思慮深くやっていく必要がある。今日はその第一歩だと思っています。今まではその部分が欠けていた…
ここで揺らいでいてはチームとして今までやってきたことが台無しになりますから。今までやってきたことをより精度を上げて、より自信を持ってやっていくしかない… 
と、引き分けではあったけれど、かなり前向きな捉え方をしていると思います。

選手のほうも田中選手は自身のブログで
俺達は今まで通り自分達のサッカーを残りの試合でも続けることが重要だと思う
スタイルをかえたり余計なことを考えない
常に謙虚な姿勢で努力する
目の前の試合 1試合1試合に集中して全力を
と書いています。
試合中、いつもと違う左サイドで一見、何だかやりにくそうな感じではありましたが、そんな事を言って通用するプロサッカーな訳はなく、与えられた環境で精一杯、120%の力を出して闘い続けるのが、田中選手のプロとしての自覚なんでしょう。(^^)

そんな山雅戦士の背中を押せるのは、我々スタンドにいる(or来られなくても常に勝ってくれという念を送り続ける)山雅サポだけです。
反さんの言葉にある「揺らいでいては今までやってきたことが台無し」のとおり、これからもブレずに応援し続けましょう。

次は明後日のアウェイ北九州戦です。
心配された台風も、ちょっと足踏みして接近は待っていてくれる様です。
山雅は足踏みなどせず、自動昇格を確実にするために闘って貰いたいですね。(´∀`)ノ

我らは常に挑戦者!
One Sou1!

0 件のコメント:

コメントを投稿