2014年9月1日月曜日

難敵群馬に快勝

昨夜のvs群馬戦は自宅にて、スカパー!通して爆念を送っていました。p(^_^)q
未確認情報ではありますが、この試合開始が19時34分となっていたのは、昼間にここで陸上の大会があったから…とのこと。それが終わってからピッチを整備し、試合ができるまでに準備してくれた会場運営スタッフに頭が下がります。(^^)

このザスパクサツ群馬天皇杯を含む今までの対戦では6戦中2勝2分け2敗という戦績ですが、アウェイでは1勝もできていなかった相手です。今年の天皇杯では浦和を逆転勝ちで下していたんで、かなりな難敵になっているのかな…と思っていたら、得点源のひとりロビーニョ選手はベンチにも入っておらず(ケガ?調整?)、ちょっと拍子抜け。(^^;)
一方山雅の方も、週の前半に主力選手の1/3が体調不良で練習を離脱。実際風邪っぽかったり熱が出ていたりの"悲惨な状態"だった様で、それでもなんとか調整して試合本番に間に合う様にしたのは、これも「総力」のひとつなんだろうな、と改めて思いました。(^_^)

そんな状況の試合のフタを開けてみたら、序盤から山雅の攻勢が続く中で前半9分、右から田中選手のクロスに飛び込んできた岩沼選手がヘッドで先制!\(^O^)/
TV画面では山雅ゴール裏を映し出したんですが、反対側だったしポストギリギリのゴールだった事もあったのか、反応が乏しい感じ… 数秒後に♪SEE OFFの歌声が響いてきたのが印象的でした。(^^)

そのあとサビア選手船山選手も追加点を決めようとシュートしますが、追加点は奪えず。特にサビア選手は2度も決定的なチャンスを逃してしまい、本人としても納得いかなかったんじゃないかなと。(^^;) 後半の22分で山本選手と交代になったんですが、だんだんとチームメイトとの呼吸が合ってきているし、これからどんどん得点を挙げていって欲しいですね。

その交代で入った山本選手は入ってすぐに結果を出しました。29分、GKから船山選手に渡ったボールを受けて反転、相手DFの足元を抜く形でミドルシュート… 相手GKは一歩も動けない状態でゴール右隅へ!見事に追加点を決めてくれました!\(^O^)/\(^O^)/

そしてさらに3分後、ペナルティエリア左辺りからのFKで船山選手が直接ゴールを狙い、相手GKが弾いたところへ走り込んできた喜山選手が難なくループをあげて、ゴール右隅へ3点目を決めてくれました!\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/

しかしその直後の33分、3得点にちょっと気が緩んでしまったのか、群馬のベテラン・金沢選手をゴール真ん前でドフリーにしてしまい、巧くボールが渡って1失点。(´д`)
こういう失策をしてしまう要素というのは、J1に上がってから必ずウイークポイントになってしまうんじゃないかなと。得点力もさることながら、こうした守備のポイントもしっかり抑えたうえで昇格していかないと、1年で落ちてくる事になってしまうでしょう。(もっとも反さんは、そんな事は百も承知なんでしょうけどね(^^;))

ありがたいことに今回も、山雅な仲間O氏がYouTubeをアップしてくれました。(´▽`)


Powerd by : 09artisan



J's GOAL
ゲームサマリー 監督記者会見 各選手コメント 詳細データ

試合後のヒーローインタビューで岩沼選手が「ハユさんから良いボールが上がってきたんで当てたら入った…」と言っていました。そういう"嗅覚"的な所も各選手に育ってきているんでしょうね。(^^)

画像元:スカパー!オンデマンド


あと、試合の後の放送の「マッチデーハイライト」では、スタジアムの反町監督と解説の水沼さんとのやり取り(同年代になるのかな?)が面白かったです。

画像元:スカパー!オンデマンド
「次の湘南戦に向けてポイントは?」
「そんな事言える訳ナイじゃないですか!」ww
このスタジアム中継、普段はアナウンサーと解説者がインタビュー相手を挟んで登場なんですが、今回はピッチレポーターの女性アナと反町監督の2人だけ。しかも反さんがマイク持って…という珍しい絵面になってました。(^。^)


さてこれで11戦負けナシ。勝ち点を61に伸ばして自動昇格がグッと現実味を帯びてきました。(^_^)
ちなみに3位の磐田との勝ち点差は10。残り13試合でどんな風に展開していくんでしょうか。

しかしそんなサポ視点とは違って、反町監督の視点はシッカリと足元を見つめ「この勝利でJ3への降格は無くなった」「我々は先を見て戦えるチームじゃない。目の前の試合に全力を尽くすだけ…」と言っています。
こういう所がここまでの順位をキープできているモトなんだと思います。J1に上がってもそのままで行って欲しいなぁ!(^。^) その為にも、来年も反町監督に率いて貰わなければなりません。インタビューを観ていても、選手との信頼関係や意思伝達が上手く行っている感じがよく判るし、これからもシッカリ山雅を育てて行ってくれると思います。

そんな山雅を応援できる幸せを噛みしめながら、我々もOne Sou1で背中を押し続けますよ!(´∀`)ノ

0 件のコメント:

コメントを投稿