2014年9月15日月曜日

連休登山と痛恨の敗戦

昨日は朝のうちに白馬八方尾根へ出かけ、とって返してアルウィン参戦という、ある意味盛り沢山メニュー、または無謀な計画とも言える休日を過ごしました。(^_^;)

朝5時半に自宅を出て、一路白馬八方尾根へ。黒菱林道を駆け上がり、7時半のリフト運転開始時間には間に合ったんですが、いかんせん三連休で登山者が溢れんばかりで、リフトへ乗車するのに30分くらい待つ羽目に。(^^;)
黒菱リフトグラートクワッドリフトを乗り継いで、八方池山荘から歩き始めたのが8時半くらいになっちゃいました。その流れで登山道もかなり混んでいて、自分のペースで歩くのも一苦労するくらいな感じ。(^_^;)
途中の木道を除けば、八方池辺りまでは比較的登山道の幅も広いのでまぁまぁガマン出来たんですが、八方池から上は本格的な登山道。すれ違いもなかなか難しい所なんかでは、自然渋滞も所々起こってしまって難儀しました。
私はこういうのが苦手(アルウィンの飲食ブースの混雑でもイラッとしちゃうタチ)なので、レジャーに来たのにかえってストレスが溜まる感じ…。(-_-;) 天候も改善する望みもなかったので、"上の樺"辺りで引き返して来ちゃいました。w

リフトに乗る前はこんなに上天気だったのが…

こんな空(^^;)(第2ケルン辺り)



八方池では完全にガスの中(´д`)
晴天ならば、この水面に白馬三山が映り込む訳です

杓子岳方向もガスの中(-_-;)

下界はこんなに晴れてるのにね(^^;)

途中の高山植物が気持ちを癒してくれました

今回得た教訓。
『連休の有名山域は"登山"ではなく"観光地"だった』です。(^^;)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という事で午後2時くらいにクルマへ戻り、一旦自宅へ寄ってから4時半位にアルウィンへ。(^_^)
山雅な仲間に取っておいていただいたホームのゴール裏へ荷物を置いて、北側ゴール裏へ。
3節前のホーム山形戦の時に北ゴール裏へお邪魔して、それ以来FBでもツイッターでもお知り合いになることができた南信ペーニャKさんにご挨拶。(FBにて写真を載せていただきました<(_ _)>)

「今日も勝つぞ!」と意気込んでいたんですが…

夕空もキレイだったのに(^_^;)

岡山サポさん、アルウィンへようこそ!(´∀`)ノ
ビッグユニ登場!

そしてビッグフラッグも

今季最多の入場者(17,044人)が勝利を期待して入ったアルウィンで、累積で今節欠場の岩上選手の代わりに入ったユン選手岩間選手とボランチを組んで、船山サビア両選手をツートップ気味にしてその下へ喜山選手を入れた感じの布陣で臨みました。
コイントスで負けてしまい、キックオフは普段と逆に。でも風の影響もほとんどなく、試合展開は船山選手サビア選手が惜しいシュートを放ったりしてやや山雅が優勢かなと思っていたら20分、岡山石原選手がタッチライン際ギリギリを巧くすり抜け、ゴール左方向から見事なカーブシュートで村山選手は一歩も動けず失点。(´д`)
その後も岡山の激しい当たりと攻撃をかわしつつ、反撃の機会を窺いながらも喜山選手岩沼選手が接触プレーで倒れたり、大人しい岩間選手が怒ったりの展開で、モヤモヤしたムードが増す中タイムアップ。

ハーフタイムには長野ダイハツ販売とのスペシャルマッチとして、このたび発売されたダイハツ-コペン ロープ(オープン2シーター)がピッチの回りを一周。それとともに長野ダイハツ販売の社長さんとプラスワンバサダー・片山ホームタウン担当が、バズーカ砲でダイハツのオリジナルTシャツを観客席に打ち込んでくれました。(^_^)


後半も同じ様な展開で、岡山の度々のカウンター攻撃を凌ぐ感じでした。そんな中、後半16分にサビア選手を下げて山本選手を投入。さらに24分には岩間選手北井選手が交代(若干のポジション変更あり?)。ひさびさ登場の北井選手、ピッチ狭しと駆け回り、チャントもひさびさに謳いました。(^^)
劇的な展開はその交代から12分後、バイタルエリアで岡山の選手がヘディングをこぼしたボールを上手いこと拾った山本選手、左脚を振り抜くと胸のすく様なシュートがゴール右側に突き刺さりました。\(^O^)/

それからはスタンドの我々も乗ってきて、押せ押せムードのチャント大合唱。1万7千人の一体感は、初めて山雅観戦に来た人も感動してくれたでしょうか。(^^)
しかしたびたび岡山寄りの判定が出たり、その事で田中選手が客席を煽った事でイエローを喰らっちゃいました。(田中選手、グランパス時代からこんな風にサポを煽っていたんでしょうか? ちょっとイメージがそぐわない様な…いや、勝手なイメージなんですけどねf(^^;))
そのまま後半のアディショナルタイムまでもつれ込んで、内心引き分けでも充分…あわよくば追加点…と、何度もコーナーキックを得て攻撃を繰り返した直後、ポロッとこぼれたボールを巧く繋がれて岡山のカウンター攻撃。ユン選手が必死で走って追いついて足を出し、村山選手も思いきり横っ飛びしたんですが、ちょっとだけ荒田選手のシュートが速く、またもや失点。orz
そのあとすぐに時間がきて試合は終わってしまいました。

また山雅な仲間O氏のYouTubeをご覧ください。


Powerd by 09artisan

J's GOAL
ゲームサマリー 監督記者会見 選手コメント 詳細データ

試合終了後、ピッチを去る審判団へ向けてブーイングが浴びせられましたが、これも度々の試合中のブーイング(フラストレーション)が届かなかった様な感じがあったからこその事かと思います。しかし今日のTwitterで飯尾和選手
昨日の試合終わった後審判に対して、ブーイング出たよね。確かにおかしな判定はあった。
でも判定は正直悪い時も、逆にいい時もあると思う。
審判もリスペクトして戦いましょ。
負けはしたけど昨日もサポーター、選手の闘い、一体となって素晴らしい試合だったからね・・・
と書いていたり、反町監督
サポーターが試合後にブーイングしたのもわかる気がしますが、これもサッカーの一部なのでそういうゲームもある、と開き直らないといけない…
と言ったりしています。
試合そのものの魅力(=パフォーマンス)とは、監督の采配含め選手たちの躍動を見る事。さらに言えば審判の判定まで含めて試合全体を観て楽しむ事だと思います。結果は負けだったとしても、審判の判定やなんかに左右されず、そうした"試合運び"の部分には我々サポーターは口出しなどせずに楽しむ。
そんなサッカーの応援の仕方も、我々のスタイルとして上のカテゴリに持って行ければ最高だ…って思うのはよい子的過ぎる考えでしょうか。f(^^;)
極論すれば、細かな判定など蹴散らす感じで、正確なシュートや胸のすく様なフリーキックでの得点なんかがポンポン飛び出せば最高なんですけど、今の山雅にはそれを望むのは酷なのかも知れません。


色々とストレスの溜まる試合内容でしたが、ゴール裏の山雅サポは選手を拍手で迎えました。(^_^)


さて気持ちを切り替えて、次節もホームアルウィン讃岐を迎えての一戦です。
あの木島良輔選手が凱旋してきます。いつもの様に拍手で迎えて、2014年昇格目前バージョンの山雅を見せつけてあげましょう!(ノ´∀`)ノ

我らは常に挑戦者!
One Sou1!

0 件のコメント:

コメントを投稿